キングスコイン

キングスコインの詳細情報

総合評価: 1.5星評価 1.65 

口コミ総数:57件

満足度 1.5星評価
将来性 1.5星評価
期待値 1.5星評価
【目次】

キングスコインの最新情報

キングスコインの口コミ

  • 投稿者 匿名
    評価 1星評価

    2019年5月7日

    キングスが太一グループと提携したからにはMOONするしかない、ラカラに続いて大手企業との提携が続くなKINGS。

  • 投稿者 匿名
    評価 1.5星評価

    2019年5月6日

    フェリカのプレスリリースに乗っかってるけど、フェリカの事業にキングスが絡んでいる証拠は何もない。フェリカ側からの発表もない。キングのの話は一事が万事全部そうだ。

  • 投稿者 匿名
    評価 2星評価

    2019年5月4日

    提携が事実かどうかわからないし、提携したからといってKINGSの価格が上がるとは限らない。

  • 投稿者 匿名
    評価 1星評価

    2019年5月4日

    ラカラとの提携に続き、中国ブロックチェーン関連大手企業「太一グループ(太一云)」と戦略提携を発表したKINGS。もう疑う余地はない。

  • 投稿者 匿名
    評価 1星評価

    2019年5月3日

    Facebookもしーんとしてるし、テレグラムでももう最近は諦めの言葉が目立つようになったね。こなればいいな~ばかり。KINGSは当初から気になってたからどうなるのかずっと追ってたけど、まさかこんなになるとは・・

  • 投稿者 匿名
    評価 1星評価

    2019年5月2日

    信者はラカラとの提携でキングスペイの再浮上を待ち望んでるけど似たようなとこ沢山あるしね。

  • 投稿者 匿名
    評価 1星評価

    2019年5月1日

    キングスは出だしは良かったけど、もう完全に遅れた感じだよね。本当に運営はプロジェクト進行してるの?

  • 投稿者 匿名
    評価 1.5星評価

    2019年5月1日

    今KINGSが何してるのか外人さんに聞かれた。正直わからない。

  • 投稿者 匿名
    評価 1.5星評価

    2019年4月29日

    日本語での話題があっても外人さんには不安になるばかりだと思う。ってか海外でのプロジェクトも多いんじゃなかったっけ?キングスって。

  • 投稿者 匿名
    評価 1星評価

    2019年4月26日

    キングスとして今一体何を進行させてるのかさっぱり分からない。積極的に発信できない訳があるんだろう。

キングスコインの記事

キングスコインとは

キングスコインとは「仮想通貨で決済が可能になる世界」を目的として誕生しました。

運営元は香港の「Hong Kong Sky King International Investment Ltd」。

トークンの発行は「Joy King Development Ltd.」という別会社が行っています。

 

キングスコインの特徴

キングスコインの特徴は主に以下3点。
 
①決済処理スピードの爆速化
②ボラティリティリスクの解消
③決済するためのハードウェアウォレットも開発

 

①決済処理スピードの爆速化

キングスコインでは、「数万~数億/秒」の決済処理が出来るようになります。

具体的には「Plasma」「RaidenNetwork」などのスケーラビリティ問題を解決するための技術を利用。

通常、Ethereumは「25件/秒」程度の処理しか出来ませんでしたが、開発がうまく進めば、決済するうえでは全く問題のない性能が出るようになります。

②ボラティリティリスクの解消

通貨にはボラティリティリスク(価格変動リスク)が存在します。

例えば、ある日の朝9時の開店時に1円=1KINGであることに基づき、りんご1個
300KINGと値付けし販売をはじめました。18時に閉店し、KINGの価値を確認したとこ
ろ、1KING=0.5円になっていました。
お店は150円でりんごを販売したことになり、150円の損となります(もちろん得する
可能性もありますが)。これがボラティリティリスクです。
(引用:ホワイトペーパーより)
 

キングスコインでは、ボラティリティリスクを解消するために以下2点の施策を講じています。
 
1.通貨発行上限を他の通貨に比べ相対的に大きくすること

通貨発行上限を大きくすることで、流動性を高め、価格の変動幅を抑える。

また、発行元が流量に介入することで一定の価格幅に固定することができます。
 
2.リンクドコインという概念の採用

通貨をペッグ(固定)できるだけの資金力がある企業と提携をし、KINGプロジェクトが独自のペッグコインを作り出します。

通貨を運営するのは提携先の企業ですが、技術はKINGプロジェクトのものを利用している状態です。

独自のペッグコインの利用時に、キングスコインの利用を要求することによって、間接的にキングスコインがペッグコインと同等の価値を有することになります。
 

③決済するためのハードウェアウォレットも開発

キングスコインでは、オフラインでも利用できる決済端末も開発予定です。

現在、主流となっているQRコード決済ですが、これはオフライン環境だと利用が出来ないという難点があります。
 
そのため、ICカードの開発や、オフライン下でも利用できるような技術の導入を予定。
 
最終的には、インターネット環境の乏しい船上でも利用できることを目指しています。

 

キングスコインの今後は?

キングスコインですが、今後値上がりする可能性は限りなく低いでしょう。
 
キングスコインは「ハードウェアウォレットのリリース」「提携施設への決済サービス提供」を予定しています。
 
キングスコインロードマップ

しかし、2019年12月25日現在、ロードマップ通りに進んでいないことが判明。
 
ハードウェアウォレットがリリースされたニュースもありませんし、決済可能店舗の情報も見つかりません。

かろうじて取引所には上場しているものの、価格は下がる一方です。

キングスコイン値下がり

ICO当時は10セントで販売していたので約10円。

現在の価格は0.05円なので200分の1まで価格が下がったことになります。

 
これは売るにも売れなくて塩漬け状態にしている投資家が多いのかもしれません。

早めに売り切れなかった人は、200分の1まで落ち込んだものを損切りするのは決断になってしまいますからね…

 
ただ、酷なことを言うようですが、キングスコインには今後上がる要因が考えられません

なぜなら、「運営がもう開発する気ないんじゃないか?」という疑いがあります。

 

キングスコイン運営はもうプロジェクトを諦めた?

キングスコインが開発を投げ出している根拠として、情報を全く更新しない点が挙げられます。

キングスコインニュース更新無し

まず、公式サイトのニュースは2019年3月を最後に更新が止まっている状態。
 
次に「TOKEN LAB」というキングスコインの決済システムの開発プロジェクトを担う組織に至っては、2018年6月のニュースが出たっきり音沙汰無し。

キングスコイン開発進捗

こんなプロジェクトのどこを信用すればいいのでしょうか。

もし仮に復活したとしても、一度失った信用は簡単には取り戻せません。
 
結論、キングスコインには明るい展望が見えません。
 
なので、今から投資を行うことはやめておいた方が無難でしょう。

そして、今キングスコインを保有している人は、今後上がる見込みがあるかどうか、早めに判断することをオススメします。

 

キングスコインのリスク

 

まとめ

キングスコインはICO割れが起きたことを筆頭に、開発が行われているのか怪しいプロジェクトです。
公式サイトに何も更新がないことから、既に終了していることが疑われます。
 
今から投資するのはやめておいた方が無難でしょう。
 
他に投資先を探している場合は、急騰仮想通貨を予測するサービスを使いましょう。

サービスを利用した人の中には「ひと月で1600万円稼いだ」人もいます。

 

利用ユーザーからの評判が良いところを見ると、稼げる期待値は高いです。

「口コミ評価4.27点」クリプトマネージャーの評判

口コミ投稿フォーム

よく比較されるページ