Fcoin 破綻後でも「資金を引き出す方法」を解説

Fcoinの詳細情報

総合評価: 0.5星評価 0 

口コミ総数:1件

満足度 0.5星評価
将来性 0.5星評価
期待値 0.5星評価
【目次】

Fcoin取引所の最新情報

FCoin 取引所運営が破綻

仮想通貨取引所のFcoinは2020年2月17日に経営破綻を発表。

最大で1万3000BTC(約130億円)のユーザー資産を返却できない状態にあると発覚しました。

Fcoin-経営破綻
(引用:FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能により)
 

CTOの張健は破綻の理由を「データのエラー」と「判断ミス」と説明しています。

Fcoin経営破綻までの流れは以下の通り。

 
2020年2月10日
-大量のFTをバーン

2020年2月11日
-メンテナンスを発表

2020年2月14~17日
-Fcoinのコールドウォレットからの出金を確認

2020年2月17日
-経営破綻の説明文書を公式HPにアップ

 

これ以後、Fcoin公式サイトにログインできなくなりました

ログインできなくなった当時は、Fcoinからの出金はメールでの個別対応としていましたが、今は問い合わせフォームにもアクセス出来なくなっています
 

Fcoinは出口詐欺?

経営破綻したFcoinは「出口詐欺」という疑いを持たれています。

その疑いの発端となったツイートがこちら。

 

Fcoinのいくつかのコールドウォレットから大量の資産が送金されているという主張。

データを追ってみるとFcoinからBinanceやHuobi、日本のbitFlyerにも送金されていることが分かります。

Fcoin-

 

この送金記録の直前に、Fcoinは独自トークンの「FT」を大量にバーン。

ユーザーの買い圧力を促すようなことをしていため、「資金を更に投入させて、飛ぶ準備をしていたのでは?」と疑われています。

 

Fcoin創設者の張健は出口詐欺の疑いに反論

・この噂は事実無根である
・ツイッターの「Dovey氏」は、Fcoinに出資している「Danhua Capital」の元パートナー
・「Danhua Capital」はFTを2割保有する大株主だった
・「Danhua Capital」は予定している配当以上の収益を黙って貰い続けていた
・そして、この期に及んで「配当金がどこから出ているのか?」と詰問してくる
・これ以上は何も言うことがない

 

なぜ大量の仮想通貨が送金されていたのか?

この問題に対する回答は未だに出ていません。

 

破綻したFcoinから資金を引き出す方法

Fcoinから資金を引き出すためには、FMexの方で取引を行う必要があります

FMexで以下3種類の取引を行うことで、資金を引き出すことが可能です。

①FMexで売買取引を行うこと
②FMexで指値注文を行うこと
③FMexで指値注文(板の直近15段以内の値段で)を行うこと

 

Fcoin本体の運営はまだ再開されていません。

なので、運営が再開されたFMexで資産を取り戻す必要があります。

 

資産を引き出すまでの流れを説明します。

 

自分の資産が「FUSD」になっていることを確認

まず、Fcoinに預け入れていた資産は「FUSD」という仮想通貨に切り替わっていることを確認してください。

「FUSD」はドルにペッグした仮想通貨で、2020年3月1日時点のレートで変換が行われているはずです。

 

この「FUSD」はFcoinに対する債権のようなもの。

ユーザーはFUSDの消費と共に、FUSDと同じ値段のBTCが返却されるようになります。

 

そのため、厳密に言うと元々の資産が返ってくるわけではありません。

しかし、理論上は当時の資産と同価値のBTCが返却されることになります。

 

FUSDに切り替わっているかどうかは、Fcoinの「マイウォレット」を見れば確認できます。

 

FMexで取引、指値注文を行う

FUSDをBTCに変換するためにはFMexで取引を行う必要があります。

FMexで取引や指値注文を出すことで、その取引量に応じたFUSDがBTCに変換。ユーザーの元に還元されます。

ただし、具体的に何円返ってくるかは明確に公表されていません。

 

取引を行うには新しく入金する必要があるので、入金する人は慎重に行うようにしてください。

 

今はFMexが復活したばかりとあって、出金報告も寄せられていない状況。
(2020年7月20日)

慌てて入金するよりも、事態が落ち着くのを見届けてから資産開放の手続きを進めても良いでしょう。

 

●ユーザー資産を引き出すまでの流れ

1.Fcoinのアドレスに新しく仮想通貨を入金
2.FMexで取引、指値注文(約定問わず)を行う
3.FUSDが減り、BTCが配布される
4.貯まったBTCを送金する

(※指値注文は毎日1:00(日本時間)にリセットされます。1:00以降に新規注文を出した分が変換の対象になる)

 

Fcoinの情報交換を行うTelergram内では、上記方法ですでに一部の資産が返却されたというユーザーがいます。

ただ、すべてのユーザー資産を開放するまでに長い期間かかることは間違いありません。

 

開発は徐々に進められているようなので、地道にやっていくようにしましょう。

もしくは他の案件で投資金を回収してしまうというのも手です。

「クリプトマネージャー」というサイトでは「1週間で932万円稼げた」人もいるようなので、気になった方は覗いてみてください。

クリプトマネージャー 「海外アルトコインで爆益」を生む投資術

 

 

 

Fcoinの今後

Fcoinは経営破たん後、新しいコミュニティに権限を移して再開する予定になっています。

■今後の予定

・FMex取引所の再開
・ユーザー資産の返却
・Fcoinの日本版復活
・Fcoinの復活

 

これらは張健に代わって、新しいコミュニティメンバーが中心となって運営されます。

 

コミュニティーメンバーは暫定的ですが、これまでFcoinの発展に寄与していた人物が担当。

メンバーの中には、M&Aに精通した投資家や、業界で有名なファンド投資家などがいます。

 

透明性の高い取引所を目指して

Fcoinの公式発表で、今後のFcoinについての話がありました。

簡単に要約して記載します。

 

一度破たんしてしまったFcoinの信頼を取り戻すのには、長い時間がかかります。

そこで、新たな体制で取り組むことになったFcoinでは「透明性」を重要視します。

 

コールドウォレット、ホットウォレットアドレスの開示、取引所資産の公開、手数料や運営費用などの公開と、取引所に関わるデータのほとんどを公開していきます。

 

元々Fcoinはコミュニティーに取引所のルール決定権を持たせるなど、ユーザーには明るい取引所でした。

しかし、取引所内側のデータがはっきりしていないことで今回のような破綻が起きてしまいました。

 

Fcoinは同じ失敗を繰り返さないように、とにかくデータの透明性を担保する取引所になります。

不利益な情報でも開示をし、透明性を理由にFcoinを選んでもらえる努力をしていきます。

 

質の高いコミュニティを構築

取引所の発展には質の高い議論が必要です。

Fcoinは潜在的にレベル高いコミュニティを構築出来ており、才能あふれるメンバーが多数在籍しています。

 

このようなメンバーと共通の価値観を持って業務に臨むことで、Fcoinは更に良い取引所になっていきます。

 
 

Fcoinはこれらの目標を持って、はじめにユーザー資産の返却を目指して活動していくようです。

 

(参考)暫定委員会委員からの手紙

Fcoinの口コミ

  • 投稿者 匿名
    評価 0.5星評価

    2020年7月21日

    なるほど。FMexの方でトレードをする必要があるんですね。
    こちらとしては預けていたものを引き出したいだけなのですが、なぜ入金しないといけないのかは疑問ですが・・・

Fcoin取引所とは

Fcoin-サムネイル

Fcoinとは2018年5月24日に中国で設立された仮想通貨取引所。

創業者は元HuobiCTOの張健です。

Fcoinは新規開設からわずか2週間で取引高世界一位になっています。

 

取引高世界一位になれた理由は「取引マイニング」という新しいマイニング様式。
そして、Fcoin独自トークンの「FT」が魅力的だったから。

 

しかし、最初は調子が良かったFcoinですが、だんだんと配当収益も低下。

ついにFcoinは2020年2月17日「Fcoinの真実」という公式アナウンスで実質的な経営破綻が発覚します。

「7000~1万3000BTC」のユーザー資産を返却できないという状態になっていました。

 

2020年7月20日現在、コミュニティメンバーを集め直し、ユーザー資産を返却するためにFcoinの運営を再開させようとしています。

 

Fcoinの特徴

Fcoinの最大の特徴は取引所独自トークンの「FT」です。

「FT」は取引所から配当収益が貰えるほか、沢山保有することでFcoinの運営に携わることもできます。

 

他にも、Fcoinには「理財口座」と言われるレンディングサービス、最大6倍のレバレッジ取引が行えるなどの特徴もあります。

 

FTトークン

Fcoin-FT

公式サイト:Fcoin取引所
仮想通貨名:FTトークン
トークン名:FT
設立:2018年6月
発行上限:10,000,000,000(100億)

 

FTトークンはFcoinが独自に発行しているトークン。

 

FTの入手方法は2種類あります。

「取引マイニング」と「売買取引」によるものです。

 

■取引マイニング

「取引マイニング」は取引手数料と同額分のFT自動的にもらえる仕組みです。

 

【例】100BTCの取引の場合

取引で生じる手数料は0.1%なので、0.1BTCが手数料で引かれます。

その後、0.1BTC分のFTトークンを自動で受け取ることが出来ます。

 

つまり、FTトークンの価値が変わらなければ、実質的に手数料は無料になります。

 

■売買取引

FTは他通貨と売買取引を行えます。

他の通貨とのペアでFTを購入すれば、FTを入手することが可能になります。

 

FTを1万以上を保有すれば、MainBoardでの取引手数料が無料になります。

また、FTトークンは100万FT以上保有することで、取引所の運営に携わる権利が与えられます。

 

このようにFTトークンを大量に保有している人の集まりを「FOne」と呼んでいます。

FOneには独自の取引所を作成できたり、好きなトークンを上場させるなどの特別な権利も得られます。

 

Fcoinの配当について

FcoinにはFTを保有することで得られる「配当金」があります。

配当金はFcoin取引所収益の80%から出され、配当は毎日受け取ることが出来ます

 

配当金はBTCやETH,USDTなどの通貨で配当されます。

 

配当を受け取る方法

Fcoinで配当を受け取るには「1000FT以上」と「FTのロックアップ」が必要になります。

1.「My Wallet」から「Apply to lock」を選択します。

Fcoin-配当

 

2.各必要事項の入力

Fcoin-配当2

・Type:「General」を選択
・Amount:「購入するFTの量」を入力
・「Indefinite」を選択
・上記入力を終えたら「Confirm to lock-up」を選択

 

これでFcoinの配当を受け取る準備が完了しました。

 

配当の確認方法

配当が入っているかどうかは「Finance History」から確認できます。

アカウントから「Finance History」を選択

Fcoin-Financehistory

「Income distribution」がFcoinからの配当金を意味しています。

■出金や入金方法はこちらで確認
Fcoinの登録方法・使い方を徹底解説!【画像付き】

 

配当の計算方法

Fcoinの配当金額の計算方法は以下の通り。

 

Fcoinの取引所収益80% ÷ FTの総発行枚数 ÷ FTのロックアップ枚数 = 配当金

 

【例】
・取引所収益 1000BTC
・FTの総流通量 10,000,000,000FT
・ロックアップ枚数2,000枚

 

(1,000 x 0.8) ÷ 10,000,000,000 ÷ 1,000 = 0.00008BTC

この場合、「0.00008BTC」の配当を受け取ることが出来ます。

 

また、BTC以外の通貨も同様に保有していたら、その分の配当金を貰うことが出来ます。

 

Fcoinの手数料

Fcoinは口座開設は無料で行えます。

 

入金手数料

Fcoinは入金手数料は無料です。

日本円の入金はできないので、他の取引所から仮想通貨を送金して利用する必要があります。

 

出金手数料

仮想通貨の種類 手数料
ビットコイン (BTC) 0.0005BTC
ビットコインキャッシュ (BCH) 0.0001BCH
イーサリアム (ETH) 0.01ETH
イーサリアムクラシック (ETC) 0.01ETC
リップル (XRP) 0.25XRP
ライトコイン (LTC) 0.01LTC
トロン (TRX) 1TRX
カルダノ (ADA) 1ADA
ジーキャッシュ (ZEC) 0.005ZEC
ダッシュ (DASH) 0.002DASH
ステラ (XLM) 0.01
ビットコインSV (BSV) 0.0005BSV
イオス (EOS) 0.1EOS
テザー (USDT) 5USDT

 

取引手数料

Maker 0.1%
Taker 0.1%

 

Fcoinの取り扱い銘柄

ビットコイン (BTC)
ビットコインキャッシュ
イーサリアム (ETH)
イーサリアムクラシック
リップル (XRP)
ライトコイン (LTC)
トロン (TRX)
カルダノ (ADA)
ジーキャッシュ (ZEC)
ダッシュ (DASH)
ステラ (XLM)
ビットコインSV (BSV)
イオス (EOS)
テザー (USDT)
FTトークン(FT)
 などを含む68種類。

 

Fcoinの評判

Fcoinに預け入れていた資産を元に戻すために、FMexでトレードをはじめる人がいるようです。

 

 

 

しかし、一部ではトレードしなければ資産が返ってこないことに苛立ち感じる人も。

トレードをするには「入金が必要」というハードルもあるので、余計に手を出しにくいでしょう。

 

FMexが復活してからまだ時間が経っていないので、今は静観するのが良いかもしれません。

 

FTのチャート

現在、Fcoinの停止と共にFTのチャートも取得できなくなっています。

 

2018年5月末に初上場した時は「0.156ドル」。
2018年6月12日には「1.25ドル」にまで達していました。

 

破たん直前の2019年1月26日には0.01ドルまで価格が落ちていることが分かっています。

 

Fcoinのこれまでの出来事まとめ

2018年5月24日 Fcoin開設
2018年6月中  取引高世界一
2019年4月中  取引高世界一
2019年11月9日 FMex開設
2019年11月22日 FMexの出来高が1億ドル突破
2020年2月17日 Fcoinの破たんが発覚
2020年3月13日 コミュニティメンバーによる再建計画が始動
2020年5月5日 張健が保有するFTとFMEXでFUSDの買戻しに使うかの投票
 ⇒90%以上の賛成で可決
2020年5月12日 張健から引き継いだ資産を使ってFcoinを復活させるかどうかの投票
 ⇒90%以上の賛成で可決
2020年5月12日 張健から引き継いだ資産を使ってFcoinを復活させるかどうかの投票
2020年7月10日 FMexが復活
2020年7月15日 FMexが100%の引き換え証明に成功。ユーザー資産と100%の交換が可能に

口コミ投稿フォーム

^