アトミックコイン上場確定か|これまでの経緯を分かりやすく解説

アトミックコインの詳細情報

総合評価: 1.5星評価 1.51 

口コミ総数:186件

満足度 1星評価
将来性 1.5星評価
期待値 1星評価
【目次】

アトミックコインの最新情報

ATC Exchangeが8月7日から取引業務開始へ
(2020年8月4日更新)

ATC Exchangeの業務開始告知

 

アトミックコインを取り扱う予定の「ATC Exchange」が、ついに取引業務を開始するようです。

■ATC Exchangeの告知内容

・2020年8月7日 AM11:00より取引業務開始

 

アトミックコインのホルダーにとっては待ちに待った上場。

やっと取引を行うことが出来そうですね。

 

上場が決まったことに対して反応を示している人も出ています。


 

この重大発表はATC Exchangeの登録者にのみ送られているので、最初の売買はホルダー同士で行う形になりそうです。

ただ、流動性を高めるために多くの人にATC Exchangeを利用してもらう必要がありますから、いずれ公式ホームページでも発表はあるでしょう。

 

長らく待ち望んだアトミックコインの価格がどうなるのか。

8月7日のOPENを楽しみにしましょう!

 

もし、アトミックコインの他に投資先を探しているなら「海外アルトコインへの投資」を考えておくのも良いでしょう。

1回の投資で932万円稼げた」という人もいるので、大きく勝ちたい人にはうってつけの投資方法になっています。
海外アルトコインで大勝ちする投資法

 

過去のニュース一覧

アトミックコインの過去のニュースをまとめています。

それぞれ、項目を選択すれば詳細内容を確認することが出来ます。

【2020年6月24日】アトミックコインは上場の目途が立たず
ATC Exchangeがgコロナウイルスで遅延
(引用:Rebuilding the Economy in the New Normalより)

アトミックコインの上場先と見られているATC取引所は公式アナウンスで今後のATC取引所の優位性を発表。

公式発表の全文訳はこちらをタップ
新型コロナウイルスが経済活動に大きな影響を与え、世界的に衰退したことは否定できません。その中でも特に影響を受けたのが観光産業であり、室内に閉じこもることが奨励されているため、旅行はしばらく低迷が続くと思われます。一方、ハイテク産業も、企業のオフィスや工場が隔離された地域で操業を停止しているため、最初に影響を受けた産業の一つです。小売業界はまた、アウトブレイクによって壊滅的な打撃を受けており、店舗の数を閉鎖しなければならなかった。パンデミックはまた、建設業界にも影響を与え、企業の拡大計画を緩和していた。

新型コロナウイルスの壊滅的な影響は、長い間、間違いなく感じられるものです。しかし、インターネットは現在、より安全な経済活動を行うための架け橋として見られています。消費者が混雑した限られた市場を避け続けているため、時間の経過とともに、Eコマースが急増します。予見された傾向は、商人がデジタル決済や送金サービスをオンデマンドで提供し、自社の製品やサービスを販売するためにオンラインプラットフォームを使用することで、増加するデジタルトラフィックを活用することです。

このような前提のもと、経済を立て直しながら消費者を保護するためには、このような変化に対応することが企業の義務となります。ATCは、クリプトおよび送金プロバイダーとして、新しい通常の生活様式における課題を緩和するためのソリューションを提供することに努めています。

例えば、ATCの送金アプリでは、ユーザーは銀行振り込みでキャッシュインすることができ、国境を越えた支払い、送金、公共料金の支払いが可能となり、この危機的な時期には非常に便利で待ち時間が少なくなります。現金受け入れ機(キャッシュイン機)は、まもなく地下鉄や中央ルソンのその他の地域の戦略的な場所に設置される予定です。これにより、充電のための選択肢がより身近になるだけでなく、人との接触の必要性が減り、顧客にとってより安全な取引が可能になります。

ATCは、より健康的な社会の発展を願い、より安全な未来の経済活動への準備も視野に入れています。また、ATCでは、飲食店や小売店などの顧客接点のある店舗でのモバイル決済を支援するために、様々なQRコード決済スキームを提供しています。ATCはWeChat Payとの提携により、より多くの加盟店の導入に努め、より安全な店舗内決済取引を推進しています。

ATCは、地元の銀行との提携により、キャッシュカードとも呼ばれるプリペイドカードを提供しており、現金を持参して扱う必要性を軽減しています。キャッシュレス決済の選択肢が増えることで、ATCは現金を使った取引による病気の感染を減らすように努めています。

コロナウイルスの大流行以前はオンラインでの支払いや送金を躊躇していたかもしれない多くの企業や消費者が、今では主要な選択肢として利用しています。このパンデミックは、行動の変化を引き起こし続けており、今では「ニューノーマル」と呼ばれているものに向けて前進する動きを後押ししています。

 

■内容のまとめ
・新型コロナウイルスは経済活動に大打撃を与えた
・今後、消費者はオンラインでの活動を重要視するようになる
・オンライン決済や、送金サービスの需要は更に高まっていくだろう
・ATCは送金アプリやWeChatpayとの提携でオンラインプラットフォームを構築していく

 

この発表ではATC取引所の存在意義を発表しているものの、肝心のアトミックコインについては何も言及はありませんでした。

アトミックコインの最終セールが行われてから既に3か月経過していることもあり、そろそろ上場のニュースが欲しいですね。

 

もし他に投資先を探している方は「1週間で932万円稼げたと話題のサイト」もあるので、そちらを参考にしてみるのもいいかもしれません。

【2020年6月1日】アトミックコインがオンラインパチスロで利用可能に
アトミックコインが「テクノゲーミング」が提供するオンラインパチスロで利用できるようになる見込みです。

アトミックコインがオンラインパチスロで利用可能に
(引用:TGPVPNGより)
 

【2020年5月7日】コロナの影響で上場延期
アトミックコインの上場遅延

ATCEX取引所がコロナウイルスの影響で取引開始が遅れる見込みのようです。

いつ頃に取引開始になるのかはアナウンスは無く、またしばらくアトミックコインの上場が延期になってしまいそうです。

【2020年4月22日】上場する気配がないアトミックコイン

アトミックコインが上場すると見られている「ATCEX」ですが、未だに取引機能が利用できない状況です。

アトミックコイン-ATCEX

ATCEXの最新ニュースとしては、

・ATC対応のATMがメトロ周辺に設置される予定
・WechatPayと提携
・オンライン登録が可能になった(取引機能はまだ未実装)

 
何かしら動いている様子は見られますが、取引所としての機能がリリースされていない状態なので何とも言えません。
 
気になるのは、まだオンラインカジノで使用できない通貨をATMでやり取りしたい需要があるのか?

現在の状況だとアトミックコインの売買ができないので、特に必要なさそうに見えますが・・・

 
果たして、アトミックコインが上場するのはいつになるのでしょうか?

引き続き経過を見て行きたいと思います。

【2020年3月18日】アトミックコイン 最終プレセール終了!
 
アトミックコイン最後のプレセールが終わり、あとは上場を待つのみとなりました。
 
気になるのは、上場後のアトミックコインの価格。
 
これまでのプレセール価格は以下の通り。
 
1回目 1ATC = 約20円
2回目 1ATC = 約50円
3回目 1ATC = 約120円
 
上場後の価格が120円以上だと大成功と言えますね。
 
ただ、上場後にロックアップ期間を設けるという話も出ているようです。
すぐに売買できるかは分からないので注意しておきましょう。
 
今後ATCの価格が上がっていくかは、アトミックコインが「世界中のオンラインカジノで使用可能になること」が重要です。
 
「1800以上のオンラインカジノで使用できる」とあれば、アトミックコインの価値は高まりそうです。
 
何はともあれ、まずは上場を待つばかり。
 

■アトミックコイン 上場予定の海外取引所
Atomtrans Tech Corp
SB101
ZBG
EXX
IDAX
BitForex
币赢

 
この中だと、比較的取引高の多い「BitForex」に上場してくれたら安心ですね。
 

「海外取引所で“649万円”稼げた!」と話題のサービスはこちら
 

【2020年3月9日】アトミックコイン 上場前の最終セール
 
アトミックコインが上場前の最終セールを開始しています。
 
アトミックコイン最終セール
(引用:SB101より)
 
3月16日以降で上場の動きがありそうです。
 
ただ、1点不安なところ取引所の信頼性
 
上場予定の取引所は、まだ仮想通貨取引所として機能していないように見えます。
 
ATC Exchangeの通貨価格
(引用:ATCEXより)
 

出来高が全くないということは、利用者が全然いないということ。
 
上場後、トレードは活発に出来るのでしょうか・・・
 

 

【2020年2月12日】アトミックコイン 上場先決定!
 
■アトミックコインの上場先(予定)
Atomtrans Tech Corp
SB101
ZBG
EXX
IDAX
BitForex
币赢
 
アトミックコインは7つの取引所に上場予定
 
7つもの取引所に上場できるのは評価すべきポイント。
 
また、以前はアクセスできなかった「SB101取引所」も、今は復旧していることを確認できました。
 
SB101アクセス可能

今後、アトミックコインは2020年1月~3月の間で上場する見込み
 
 
これまでアトミックコインは上場延期を繰り返していました。
 
しかし、具体的な取引所名が出てきたことから、今回の上場には期待できそうです。
 
 

【2020年1月25日】アトミックコインがフィリピンのATMで使用可能に
オンラインカジノでの利用を予定しているアトミックコインが、2020年中頃にフィリピンのATMで使用可能になるようです。

アトミックコイン回答内容
(引用:アトミックコイン研究所より)

この発表が出たということは、アトミックコイン運営はきちんと動いているようです。

しかし、このニュースはアトミックコインの価格上昇には貢献しないでしょう。
 
なぜなら、元々フィリピンにはビットコインATMが2台しか存在しておらず、そもそも仮想通貨ATMを利用する慣習がないため。
 

(引用:Coin ATM Readerより)
 
仮想通貨で一番の知名度を誇るビットコインですらATMは2台のみ。この環境下で仮想通貨ATMの需要は少ないでしょう。

【2019年11月22日】アトミックコインは開発中止か?
アトミックコインは開発中止になった可能性が高い
(2019年11月22日更新)
 
現在、アトミックコインの公式ホームページと、アトミックコインの取引所であるSB101へのアクセスが出来ないことが確認できています。
アトミックコイン公式サイトアクセス不可
 
アトミックコインのホームページを調査してみると、少なくとも2020年11月25日まではアドレスが有効であることが確認できました。
 
アトミックコインのドメイン有効期間
 
事前に公式からサーバーアップデートのお知らせがなかったこと、数日間にわたってアクセスできない状態が続いていることから「一時的なサーバーアップデート」や「アクセス過多によるサーバー負荷の問題」ではなさそうです。
 
そうなると考えられるのは、運営が意図的にページを削除したのではないか?
 
もし、運営が意図的にホームページを削除していたとしたら、アトミックコインの存続が危ういかもしれません。
 
なぜなら、これまで開発中止になった過去のICO案件の傾向として、開発中止を発表する前に公式ホームページが削除されることが多かったためです。
 
今回のアトミックコインもユーザーに事前に告知することなく、公式ホームページへのアクセスができなくなっています。
 
公式ホームページを削除するのは、「ホームページでユーザーに進捗報告をする必要がなくなった=開発中止になった」ということなのかもしれません。
 
元々アトミックコインは2020年の春に取引所への上場を予定していましたが、この状態で本当に上場することができるのか疑問が残ります
 

【2019年10月1日】アトミックコインが海外サッカーでPR活動
アトミックコインは 2019年9月に海外サッカーの試合に広告を出していました

アトミックコインの広告

(引用:【ラ・リーガ|ハイライト】スアレスの鮮やかループ弾が決勝点!より)

スタジアム広告は、広告を出すのに3,000万円ほどかかります。
 
アトミックコインは、少なくとも広告費を出せるレベルの財源を持っていることなります。

アトミックコインの口コミ

  • 投稿者 匿名
    評価 3.5星評価

    2020年8月6日

    ATC取引所がアトミックコインを確実に上場させるかは定かではないっぽいですね。
    メンテナンスモードに入る前にATCっていう仮想通貨名は見えたので、たぶん大丈夫だとは思うのですが、、、ちょっと心配です

  • 投稿者 匿名
    評価 3星評価

    2020年8月6日

    ATACEXがメンテナンスモード入っているけど、取引所開始までに入金とかも出来ない感じなんですかね?

  • 投稿者 匿名
    評価 4星評価

    2020年8月5日

    リアルのカジノよりもオンラインの方に人が集まるのは完全に見えてる。だからATCには未来がある。

  • 投稿者 匿名
    評価 5星評価

    2020年8月5日

    ここのサイトだけ批判が多いのは
    一体なんでだろう~? 笑

  • 投稿者 匿名
    評価 0.5星評価

    2020年8月1日

    未だに上場しない。正直詐欺以外考えられないです。
    広告出てるから大丈夫とかいう謎理論展開してる人はどれだけ頭の中お花畑なんだろう。

    いくら待ったって上場しないんだろうな。
    勉強代にしては高くつき過ぎた。

  • 投稿者 匿名
    評価 0.5星評価

    2020年7月31日

    アトミックコインのサッカー試合の広告を必死に探して嘘だったと言うやつだの、6/14バルセロナの試合の前半36分20秒あたりとドヤ顔で文句言うやつだの。もうそんなのどうでもいいんですけど。

  • 投稿者 匿名
    評価 0.5星評価

    2020年7月30日

    ATCに問い合わせたところ、上場後に海外のATMでアトミックコインを取引できるようになるそうです。ってそれがいつになるのかな?

  • 投稿者 匿名
    評価 0.5星評価

    2020年7月28日

    もう勘弁してほしいですね。アトミックコインは飛んだんですか?飛んでないなら、いつになったら上場するんですか?この時期になっても上場していないなんて、詐欺と言われても文句言えないですよ?ほんとガッカリです。

  • 投稿者 匿名
    評価 5星評価

    2020年7月26日

    まだオンラインカジノで使えるコインに覇権が誕生してないことから、つけ入る余地はある。が、運営のこの姿勢からは何も見えてこないOTL

  • 投稿者 匿名
    評価 1.5星評価

    2020年7月24日

    アトミックコインはいつまで経っても上場しません。誰がどう見たって詐欺案件でしかないですね。運営も一切アナウンス無しですし、もう飛んでいるかもしれません。飛んでいないならアナウンスがあってもいい頃ですし、飛んだとしか考えられません。

アトミックコインとは

アトミックコインはオンラインカジノでの基軸通貨になることを目的として作られた仮想通貨。

オンラインカジノ業界の複数の企業が協賛して作成したと言われています。

 

総発行量1億6000万枚のうち、4800万枚が日本で販売。

予想では3倍にも10倍以上にもなると言われ、プレセールで購入した人を多く出した通貨です。

 

特徴

1800以上のオンラインカジノで使用される予定

アトミックコインの取り扱い予定数

アトミックコインは1800以上のオンラインカジノで導入される予定になっています。

現在、オンラインカジノでよく利用されているのはビットコイン。

 

もしアトミックコインがメイン通貨になったら、アトミックコインだけで世界中のオンラインカジノを楽しむことができるようになります。

 

全体数の3割近くを日本で販売

アトミックコインの総発行量は1億6000万枚。

そのうち全体の約3割 4800万枚が日本で販売されています。

 

なぜ日本でそれだけの枚数を販売しているのか?

その理由は「日本へのオンラインカジノ進出するため」。

 

日本でもカジノの法整備が徐々に進められようとしていますが、この点を重要視しているからとのこと。

 

実際、コロナの影響でオンラインカジノの需要は増してきています。

上手く日本で定着させることが出来れば、多くの需要を取り込むことが出来そうです。

 

海外サッカーに広告を出している

アトミックコインは大量の広告費を使って、多くの広告を出しています。

レアルマドリードや、バルセロナなどの試合を中心に、広告を48試合分も出稿。

 

海外サッカーの「ラ・リーガ」では、ゴール裏に広告を出すなど積極的な広報活動を行っています。

アトミックコインの広告

 

スタジアムに広告を出すには相場は3000万円程度かかると言われています。

少なくとも、運営が潤沢な資金を持っていることがうかがえます。

 

フィリピンの仮想通貨ATMで使用可能になる予定

2020年中頃、アトミックコインがフィリピンのATMで取り扱われる予定です。

フィリピン国内最大手のユニオンバンク・オブ・フィリピンが「仮想通貨ATMを設置していく」とすでに発表しています。
フィリピン最大手銀行、国内初の仮想通貨ATMサービスを開始

これは中央銀行からも認可を受けて行う初めての取り組みになります。

 

セブンイレブンでもATMが設置されるという話もあり、気軽に仮想通貨と法定通貨ペソとの交換が可能になります。

 

価格

アトミックコインはまだ上場していませんが、プレセールという形で限定的にトークンの販売が行われていました。

 

これまでに行われたプレセールは3回。

それぞれのアトミックコインの価格は、

1回目 1ATC = 約20円
2回目 1ATC = 約50円
3回目 1ATC = 約120円

 

3回目が最終プレセールということで、現時点では新しくアトミックコインを手に入れる手段はありません。

 

上場後のアトミックコインの価格が120円以上だと、全員が利益を得られることになります。

 

エージェント契約

元々、アトミックコインは「エージェント」にならなければ購入不可能でした。

エージェントになるためにはSB101取引所への登録費用140ドルと、エージェント登録費用の2800ドルが必要。

その後、他の人をエージェントに勧誘することが出来たらボーナスが貰えるという仕組みでした。

 

これは紹介者をたくさん出せれば稼ぐことが可能ですが、出せなければアトミックコインの価格が上がるのを願うしかありません。

このようにMLM方式でアトミックコインは広まっていったことから、過剰にアトミックコインを持ち上げる情報が流れていたことがあります。

 

情報についてはきちんと精査するようにしましょう。

 

購入できる取引所

ATC Exchange

ATC Exchange

ATC Exchangeは2020年8月7日からアトミックコインの取引も開始される取引所。

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、アトミックコイン、テザー。

ほぼアトミックコインを利用するためにある取引所です。

 

入金・出金はすでに利用することができます。

 

SB101取引所

SB101取引所

日本でアトミックコインのプレセールを行っていた取引所です。

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、アトミックコイン。

 

こちらもアトミックコインを取り扱うために用意されたような取引所になっています。

 

一つ留意しておきたいのは、SB101取引所は2019年2月15日に金融庁から「無登録で仮想通貨交換業を行っている」として警告を受けています。

SB101取引所の無登録営業
(引用:金融庁HPより)

 

このような警告は過去に世界的仮想通貨取引所のバイナンスも受けています。

ただ、バイナンスが警告を受けた時と違って、代表者の名前が明かされていないことや、アトミックコイン限定で販売を行っていたのは少々不思議です。

 

一概にSB101取引所が怪しいとは言い切れませんが、利用する場合は十分に注意した方がよいでしょう。

 

その他の取引所

ATC ExchangeとSB101以外にも、上場が噂されている取引所が存在します。

ZBG
EXX
IDAX
BitForex
币赢

 

上場先の話が出たのが2020年1月頃なので、上場できるか怪しくなってきています。

 

関わっている企業・スポンサー

アトミックコインは1800以上のオンラインカジノで使用される予定ということもあり、関連企業やスポンサーはオンラインカジノの団体がメインです。

 

ただ、関わっていると噂されているだけで、公式がアトミックコインについて何も発言していない企業や、そもそもアクセスが出来なくなってしまったサイトなども存在します。

本当に参画しているのかどうかは、精査する必要がありそうです。

 

マンベックス(manbetx)

マンベックス

マンベックスはスポーツベッティングを主に行っている企業です。

アトミックコインが広告費を捻出できたのは「マンベックスのおかげ」と言われています。

 

しかし、これまでマンベックス本体はアトミックコインについて言及したことはありません。

 

アジアゲーミング(AsiaGaming)

アジアゲーミングは1000種類以上のゲームを引っ提げて、アジア圏で勢力を伸ばしているオンラインカジノ。

日本のセクシー女優をプロモーションに起用するなどの周知活動も行っています。

 
(追記)
2020年8月4日現在、ページにアクセスできなくなっています。

 

フェニックスゲーミング

フェニックスゲーミング

フェニックスゲーミングは中国でナンバーワンのシェアを誇るオンラインカジノと言われています。

アトミックコインのプロモーションも活発に行われていました。

 

ただ、中国ナンバーワンと言っているのにサイト内表記は日本語しかありません。

サイトの出来も決して良いとは言えないので、中国ナンバーワンというのは怪しい。

あまり鵜呑みにしない方がいいかもしれません。

 

オリエンタルゲーム(ORIENTALGAME)

オリエンタルゲーム

オリエンタルゲームはフィリピンのゲーミング当局からゲームライセンスを取得しているオンラインカジノ。

2020年までにアジアをリードするオンラインカジノプロバイダーになることを目指しています。

 

テクノゲーミング

テクノゲーミング

テクノゲーミングはオンラインパチンコ、パチスロを提供する予定の企業。

まだサービスを提供していませんが、オンライン上のパチンコ台、パチスロ代のオーナーを募っています。

テクノゲーミング公式
テクノゲーミング公式Twitter
 

公式Twitterのフォロワー数は「110人」と、まだ日本での注目は少ないです。

テクノゲーミングのツイッター
 
今後、日本での注目が集まれば、そこで使用される予定のアトミックコインの需要も増すでしょう。

 

将来性

アトミックコインの将来性はあまり明るくはないでしょう。

オンラインカジノ市場自体は今後の発展が見込めますが、その主要通貨にアトミックコインがなれるビジョンが見えません。

その理由は以下の3点です。

・運営の対応が悪い
・ホワイトペーパーが存在しない
・利用するメリットが無い

順番に説明をしていきます。

 

運営の対応が悪い

アトミックコインはICOプロジェクトではないので、開発進捗をわざわざ公表する義務はありませんが、プレセールでコインを購入した人には説明責任があります。

しかし、一部の人に情報を教えているだけで、多くの人には情報が知られていない状態です。
(実際、上場予定先の取引所を出してきたのも一部の限られた人だけ)
 
アトミックコインを買ったが、現状どうなっているのか分からない!
 
という声も多く、不満が溜まっています。

 

また、度重なる上場延期で、それに対する説明もほとんど為されていません。

プレセールからすでに2年以上経過していることもあり、この運営のやり方では先が無いと言わざるを得ません。

 

ホワイトペーパーが存在しない

アトミックコインにはホワイトペーパーが存在しません。

ホワイトペーパーは仮想通貨のコンセプトや、今後の開発計画が説明されている資料のことです。

 

アトミックコインにはホワイトペーパーが無いため、今後どうなっていくのかが読めません。

 

なぜホワイトペーパーが存在しないのでしょうか?

アトミックコインは誰が作った通貨なのかがはっきりしていないからです。

 

関連している企業はいくつか判明しているのですが、結局どこが開発をしているのかが分からない。

 

発行元が信頼のおける企業であれば、アトミックコインとしても都合が良いはずなのです。

しかし、アトミックコインは未だにどこで作られているのか分からない。

 

実態が分からない通貨にはユーザーが集まりません。ホワイトペーパーが存在しないとなるとなおさらです。

 

特に「オンラインカジノ」で使用するとあればなおさら「安全性、信頼性」を重要視します。

何をもって安全なのか?どうして信頼できるのか?

そのメカニズムをきっちり説明する機会を設けなければ、新規でアトミックコインを購入する人は現れないでしょう。

 

オンラインカジノで利用するメリットが無い

アトミックコインには、まだアトミックコインである必然性がない

 

もし、アトミックコインが公約通り1,800以上のオンラインカジノで使えるなら価値はあるでしょう。

しかし、現状はそれほど人気ではないオンラインカジノサイトで使える予定なだけ。

 

アトミックコインのウリである1800以上のオンラインカジノのサイトについての情報も全然発表されていない。

 

すでに他のオンラインカジノサイトでは、ビットコインやイーサリアム、リップルで遊べるところが増えてきています。

アトミックコインの強みは「オンラインカジノでの主要通貨になれること」だったはず。

他の通貨の方が使い勝手が良いとあれば、わざわざアトミックコインを使う必要性を感じなくなるのも当然でしょう。

 

 

以上の理由から判断するとアトミックコインの将来性は低い

 

今後、将来性に期待を持たせるためには、

・実際に1800以上のオンラインカジノでアトミックコインが使えるようになる
・多くの仮想通貨取引所に上場する
・ホワイトペーパーを公開し、先の予定をきちんと説明する

などの展開が必要でしょう。

 

ただ、これまでの運営の対応を見ているとかなり難しいかもしれません。

 

それよりも、「海外アルトコインへの投資」のようなもっとすぐに稼げる投資を行った方がよいでしょう。

 

急騰通貨の予測サイトでは、上手く活用できれば「簡単に932万円稼げる」ということなので、興味がある方は下記からどうぞ。
 
「海外アルトコインで爆益」を生む投資術

 

チャート

アトミックコインのチャートはまだ取引所に上場していないため、存在しません。

しかし、取引所に新規上場する通貨は何度も見てきているので、アトミックコインの上場後の予測を行なってみたいと思います。

 

どのパターンでも言えることは「さっさと現金化しておくこと」です。

今後の展開次第では爆上げもありえますが、おおむね無いと思っていた方が良いでしょう。

 

なぜなら、使用する取引所が無名すぎるからです。

あまり流動性に期待することはできないため、上場直後の盛り上がっているうちに他の仮想通貨と交換しておくことをオススメします。

 

取引所上場後に下がっていくチャート

アトミックコイン上場後のチャート予想1

(https://coinmarketcap.com/currencies/spindle/ コインマーケットキャップより引用)
 
こちらのグラフは“ガクトコイン”とも言われたSpidleという仮想通貨のチャートです。取引所に登場した瞬間は値が上がっていきましたが、以降は下がる一方でした。
 
もし、アトミックコインがこのチャートのような値動きをするのだとしたら、上場直後あたりで売り切りたいところです。
 
Spindleの場合は、開発進捗の報告に伴い値が上がったこともありましたが、それも長続きしませんでした。アトミックコインについては、進捗報告もほとんどないことから、二回目の値上げを期待するのは難しいかもしれません。
 
 

取引所上場後、値が徐々に上がっていくチャート

アトミックコイン上場後の予想2

(https://coinmarketcap.com/currencies/populous/ コインマーケットキャップより引用)

こちらのグラフはPopulous (PPT)という仮想通貨のチャートです。取引所に上場した直後はそれほど値動きありませんが、徐々に値が上がっていって、一度ピークを迎えています。
 

アトミックコインも徐々に上がっていくこのようなチャートを形成するのが理想的。

その後、価格を大きく落としてしまいますが、利確できるチャンスはいくつかありました。

 

しかし、現実的には厳しそうです。

アトミックコインの場合は進捗報告がほとんどありません。

 

なので、チャートに影響を及ぼす要因はオンラインカジノでの新規取り扱いのニュースくらいでしょう。

オンラインカジノ最大手の「ベランジョカジノで使用可能になる」などのニュースがあれば、多くのユーザーの興味も集められると思いますが・・・

 

オンラインカジノの仮想通貨が上場した時のチャート

アトミックコインの上場後の予想3

(https://coinmarketcap.com/ja/currencies/dragon-coins/ コインマーケットキャップより引用)
 
こちらのグラフは「ドラゴンコイン」という仮想通貨のチャートです。

ドラゴンコインは、アトミックコインと同じく“オンラインカジノ”のための仮想通貨としてICOをしており、その際は3億2000万ドルの資金調達に成功しています。
 
コンセプトが似ているため、アトミックコインも同様のチャートをたどる可能性はあるかもしれません。

その場合にも、やはり上場直後を狙って売り抜けたい。

 

アトミックコインはドラゴンコインと違ってICOを行っていません。

日本で販売された枚数以外は、他の企業が持っています。

 

もし、他の企業が取引に参加しないとなったら、日本のホルダー同士で売買を繰り返すだけになります。

流動性はかなり低くなることが予想されます。

なるべく早く現金にしておいた方が良いでしょう。

 
 

以上、アトミックコインが取引所に上場したあとの予想チャートを解説しました。

投資の際に参考にしてみてください。

 

評判

アトミックコインの評判を調べてみると、上場を心待ちにしている人が多くいました。

 

アトミックコインには、「取引所への上場がいつになるのか」という関心が集まっているようです。

アトミックコイン評判3
 
アトミックコイン評判4
 
アトミックコイン評判1
 
アトミックコイン評判2
 

プレセールでアトミックコインを買った人は、オンラインカジノで使用する目的ではなく、大儲けを期待して買った人が多いでしょう。

取引所に上場しなければただの電子データ。

まずは取引所に上場することが先決でしょう。

まとめ

アトミックコインとは、、、

・オンラインカジノでの利用目的で作られた仮想通貨
・1800以上のオンラインカジノで使用される予定
・ホワイトペーパーやHPが存在しない
・将来性は低い
・2020年8月7日に取引ができる見込み

 

やっとアトミックコインを使った取引が開始されそうです。

ただ、現状の体制のままでは将来性は低いでしょう。

 

早めに見切りを付けるか、他の投資でリスクヘッジをしておくようにしましょう!

口コミ投稿フォーム

よく比較されるページ

^