ウェルネストークンの特徴と将来性について解説

ウェルネストークンの詳細情報

総合評価: 2星評価 2.45 

口コミ総数:11件

満足度 2星評価
将来性 2星評価
期待値 2星評価
【目次】

ウェルネストークンの最新情報

(2020年6月3日)

塩野義製薬との提携ニュース
(引用:秋田魁新報より)
 
マイクロブラッドサイエンス社と塩野義製薬がコロナウイルスの感染歴を調べる抗体検査キットを発売しました。

マイクロブラッドサイエンス社はウェルネストークンの開発元。

このニュースがきっかけとなって、ウェルネストークンにも注目が集まるかもしれません。

ウェルネストークンの現在の価格

(2020年6月3日 更新)
現在、ウェルネストークンの価格は「約2円」になっています。

WELLチャート
(引用:bitforexより)

コロナウイルスの流行により、「健康」をテーマにしているウェルネストークンを買うユーザーが増える可能性もありましたが、値動きを見る限りまだ苦戦気味。

しかし、塩野義製薬との提携でチャートは前日比+16に好転しています。

 
仮想通貨投資では、ウェルネストークンのように高騰しそうな仮想通貨をいち早く見極めるのが重要です。

 

他にもウェルネストークンのような期待できる通貨を知りたい人は、急騰仮想通貨を予測するサービスがおすすめ。

利用ユーザーからの評価が高いところを見ると、稼げる期待値は高いでしょう。

「ひと月で1600万円」クリプトマネージャーの評判

ウェルネストークンの口コミ

  • 投稿者 匿名
    評価 3星評価

    2020年4月10日

    コロナでくるとか言われてるけどどうなんだ?

  • 投稿者 匿名
    評価 2星評価

    2020年4月7日

    コロナで需要ありそうと思ったけど、外出自粛だったら意味無さそう

  • 投稿者 匿名
    評価 3星評価

    2020年4月4日

    なんかセミナーで押されてるみたいな話聞いたけど、そこんところどうなんですかね

  • 投稿者 匿名
    評価 4星評価

    2020年4月4日

    塩野義製薬と提携したソースが欲しいんだけど、何かないですか?

  • 投稿者 匿名
    評価 2星評価

    2020年4月1日

    この会社がやってる採決事業って本当に儲かるの?
    ウェルネストークンの効用もあるだろうけど、開発元がどれだけ信用できるかじゃない?

  • 投稿者 匿名
    評価 3星評価

    2020年3月30日

    友人が購入しようとしてるんだけど、どうすればいいんだろう。友人の言う通りコロナショックで本当にうまく価格が上がるなら引き止めはしない。

  • 投稿者 匿名
    評価 3.5星評価

    2020年3月29日

    セミナーで進められたので購入してみました
    どれだけ上がるか楽しみにしております

  • 投稿者 匿名
    評価 1.5星評価

    2020年3月24日

    健康にフォーカスとか、歩くだけで仮想通貨!とか、けっこう既視感のあるプロジェクトだな。
    そこに後追いでどこまで追いつけるかって感じですかね~?後発だからそんなに期待はできないかな?

  • 投稿者 匿名
    評価 1星評価

    2020年2月25日

    いやー上場後の値動きおかしすぎでしょ
    誰か操作してるわ、絶対

  • 投稿者 匿名
    評価 1.5星評価

    2020年2月12日

    IEOやった時は盛り上がったけど、もう風前の灯火みたいですね。まぁ、上場しているだけマシですけど。

ウェルネストークン(WELL)とは

ウェルネストークン(WELL)とは、「健康」をテーマに創設されたプロジェクトです。

日本の最先端の血液検査技術とブロックチェーン技術の融合によって、社会の健康問題の解決を目的としています。

ウェルネストークンの価格・販売所

ウェルネストークンは2019年12月16日に「BitForex取引所」でIEOが行われています。

IEO時の価格は0.003 USD(0.33円)、放出限度数は333,333,333 WELLでした。

実際に「BitForex取引所」に上場した際の価格は「86円」。

ウェルネストークン上場
(引用:)https://www.bitforex.com/jp/spot/well_btc

上昇率は259%となり、IEO時に購入していた人にとっては大成功の部類に入りました。

現在は「BitForex取引所」にて「WELL/BTC」のペアで購入することが可能。

価格は12.4円(0.0000159BTC)。(2019年12月19日調べ)

>>BitForex取引所?

ウェルネストークンの特徴

ウェルネストークンの特徴は「健康」に対して価値を付ける点です。

これまでは健康体であっても、実際に評価されることはほとんどありませんでした。

しかし、今後は「健康」であることが評価されるようになるかもしれません。

ウェルネストークンまとめ
(引用:公式ホワイトペーパーより)

ウェルネストークンは「*健康活動」を行うと入手でき、もらったトークンはビットコインと変えることができます。
(※健康活動 健康診断やスポーツ大会への参加、医療団体への寄付など)

他にも、健康管理のためにウェルネストークンを利用してサービスを受けることが可能。
 
つまり、「健康」であることが経済活動と直接的に結びつくことになります。

ウェルネストークンが広まれば、人々はより健康的な生活を送るようになり、健全な社会へと変革していくでしょう。

ウェルネストークンは社会をどう変えるか

では、具体的に社会はどのように変わっていくのでしょうか?

ウェルネストークンが浸透すると以下のような未来がもたらされるかもしれません。

①健康活動への活発的な参加

人々は健康により興味を持つようになり、具体的に行動するようになります

例えば、現在、多くの日本人は健康診断に行っていない実情があります。

ウェルネストークン健康診断のチャート

(引用:https://insight.rakuten.co.jp/report/medical/20181024/)

行かない理由で最も多いのは「受診費用がかかるから」。

 

しかし、今後はウェルネストークンを使って健康診断を受けることが可能になるかもしれません。
 
健康診断を受けてウェルネストークンを受け取る。

そこでは「健康診断を受診した」という価値が自分に付与されることになります。

その結果、「健康に意識的である」と見なされ、社会的価値が向上

保険に安く入れるようになったり、健康体である自分のデータを提供することでさらに報酬を得られるようになるかもしれません。
 
「健康」はすべての人々にとって関心のあるもの。

その影響力は大きそうです。

②医療技術の発展

ウェルネストークンは医療技術の発展も見込めます

ウェルネストークンは日本発の最先端の血液検査技術データでも「健康度」を判定。

その血液データを医療機関に提供することによって、さらなる医学発展が期待されています。
 
特に、ブロックチェーン技術によって得られたデータは信ぴょう性が高いもの。

「人生100年時代」と呼ばれる現代社会において、医療技術の発展は急務の課題です。
 
ウェルネストークンが浸透することによって、多くのデータ分析が可能になり、結果として医療技術が発達していく未来もあり得るでしょう。

ウェルネストークンのロードマップ

ウェルネストークンは2020年2月にバウンティのローンチを予定しています。

つまり、2020年の2月から「健康活動」対してウェルネストークンがもらえるようになるということです。

また、2020年の6月には日本国内取引所への上場準備が開始され、2021年の初頭に国内取引所への上場を予定しています。
 
ウェルネストークンのロードマップ
(引用:公式ホワイトペーパーより)
 
現在、開発進捗の詳細については不明です。

また、続報があり次第追記していきたいと思います。

ウェルネストークンの今後

ウェルネストークンは人間が誰しも抱えている「健康」にフォーカスしています。

なので、一度認知されれば広まる可能性は高そうです。
 
IEO時にも速攻で完売したことを鑑みると、関心を持っている人も多いはず。

 
今後、大切になってくるのは「開発進捗の公式発表」「ウェルネストークン提携先の確保」
 
現状、開発がどこまで進んでいて、何が行われているのかはっきりしません。

そのため、開発の具体的な進捗の発表を通して、ユーザーからの信頼を集めることが必要でしょう。
 

次に、ウェルネストークンを活用できる場所を増やしていかなければなりません。

全国の病院、フィットネスジムなど、実際に利用できなければ意味が無くなってしまいます。

広く人々の間に浸透させるためにも、ウェルネストークンの提携先を確保するのは必須でしょう。

ウェルネストークンのまとめ

ウェルネストークンは「健康」にフォーカスした仮想通貨です。

どんな人でも関心がある分野なので、社会的意義も大いにあります。
 
今後の発展をするために、運営がどのようなプロジェクトを打ち出していくのか。
 
引き続き、経過を観察していきましょう。

口コミ投稿フォーム

よく比較されるページ