プランスゴールド(PGA)が飛ぶって本当?真相を調査してきた

プランスゴールドの詳細情報

総合評価: 2.5星評価 2.7 

口コミ総数:46件

満足度 2.5星評価
将来性 2星評価
期待値 3星評価
【目次】

プランスゴールド(PGA)の最新情報

プランスゴールド(PGA)が飛ぶというのは本当か?

グランドオープンから1ヶ月が経過しようとしているプランスゴールド(PGA)ですが、ここにきて飛ぶのではないか?と不安の声が上がっているようです。
 
Googleで「プランスゴールド」と検索すると、予測変換として「飛ぶ」というワードが表示されていることが確認できました。

プランスゴールド-検索サジェスト

 
はたして本当に飛ぶのでしょうか?
 
調査した結論を先にお伝えすると、プランスゴールドはまだ飛ばない確率の方が高いと思われます。
 
詳しく説明していきましょう。
 

プランスゴールドは“まだ”飛ばない

理由①:グランドオープン直後

プランスゴールド(PGA)は、5月23日に正式サービスとしてグランドオープンしたばかりのサービスになります。
 
これから世界中の投資家から資金を集めようというタイミングで資金を持ち逃げするという事は考えにくく、飛ぶならばもっと資金を集めた後でないと採算が合わない可能性もあります。
 

理由②:MLM案件のリーダーが続々参加

日本でのマーケティングを行ったのは「泉忠司」氏や「坂本よしたか」氏が有名ですが、その他にも多くのMLMビジネスでトップに上り詰めた方々が参戦を表明しています。
 
・ADAコインやBCNの「泉忠司」氏
・パルテノンクラブの「蝶野舞」氏
・AIトレードの「Mayuhime」氏
・WoTokenの「小野里はじめ」氏
・PlusTokenの「あらいこうじ」氏
・元ネオヒルズ族の「西まさみつ」氏
 
など、仮想通貨関連のMLM業界では頻繁に名前を聞く方々です。
 
実は彼らが過去に紹介したMLM案件の多くが出金停止や配当停止などに陥っています。

ですが、彼らはトラブルに巻き込まれる前に撤退するのが得意。
 
トップリーダーたちが参加し続けているうちは飛ぶ可能性は低いといえるでしょう。
 

理由③:オフィス移転など活動が活発


 
中国深センにあるオフィスの移転や、オンラインでの事務所案内などのイベントを行っています。
 
プランスゴールドホールディングスのオフィス紹介動画
 
7月1日にも5000人限定のオンラインセミナーにて、Jeffreyオーナーによる新情報の報告会などが予定されています。
 
新たに利用者を集めるための活動をようやく開始し始めた段階のためプランスゴールド(PGA)はまだ飛ぶ段階ではないのでしょう。
 
以上が、直近で飛ぶ可能性が低いと考える理由になります。
 
現時点で飛ぶ可能性は低いと思いますが、数年単位で長く続くサービスであるという確証はありません。

むしろ「いつ頃飛ぶか?」という視点を持っておいた方が良いでしょう。

 

プランスゴールドの飛ぶ時期は?

プランスゴールドの飛ぶ時期は2020年いっぱいを一つの目安に考えておきましょう。

これまで2020年4月から募集が始まって、5月27日にグランドオープン。7月1日には5000人規模のZOOMセミナーを行うということで今のところ調子は良い。

 

ですが、

・紹介している人たちの経歴
・収益を得る仕組み(仮想通貨アービトラージ)
・MLMで紹介報酬を出して広まる形態

などの特徴はこれまでの仮想通貨詐欺とほとんど一緒のやり方です。

 

巨額詐欺事件になったプラストークンやWoTokenも、最初は参加者に利益を出していました。

しかし、最終的に運営元が飛んで預け入れていた資金は未だに返ってきていません。

 

なので、絶対にしておいて欲しいのは、「さっさと元本を回収する」こと。

手数料は多少かかってしまうかもしれませんが、ちょこちょこ出金をしてまずは元本を回収。

 

それ以後は余剰資金で回しておけるので、少なくとも損することは無くなります

 

くれぐれも「最後にまとめて出金する」というのは止めておきましょう。

いつ飛ぶか分からない状態の中、全て預けっぱなしはかなりリスキー選択。

 

「放置できる投資案件」だからこそ、細かく出金する人が最終的に利益を得ることが出来ます。

 

もしプランスゴールドが飛んだらどうなるの?

プランスゴールドが飛んだ場合、預け入れた資金は返ってきません

 

もし仮に運営元が飛んだ場合、その後の展開は大きく二つのパターンに分けられます。

①社会問題になりニュースになる
②有志で集まり返金を求める訴訟を起こす

 

①はプラストークンやWoToken、ビットクラブやビットマスターなどが当てはまります。
②はレブキャピタルファンドやアービタオなどの案件が該当。

 

どちらのパターンでも言えることは、

未だ投資金は返金されていないという事

 

社会問題になって運営元が逮捕されても、現地国の法に則って処罰されるので日本まで返金される保証はなく、有志で集まって訴訟を起こす場合も、実際に訴訟まで行き着くケースが少ないです。

色々話し合ったけれど、結局無駄な徒労に終わってしまうパターンも少なくありません。

 

公式サイトを見ると「事前の予告なしにサイトを閉鎖することがある」という記載もあります。

プランスゴールド-予告なしに終了
(引用:PranceGold公式サイトより)

 

あまり脅しをかけるわけではありませんが、念には念を入れて用心しておくようにしましょう。

 

こういう動きを見せたら要チェック!

これまで仮想通貨詐欺で飛んだ案件の中には、事前に決まった動きをすることがあります。

ここで一覧に整理しておくので、当てはまるものがあったら飛ぶまで間近かもしれません。

ぜひ参考にしてみてください。

新規プランを次々に発表

新しいプランを発表して、さらに資金を集めようとしてきます。

 

出金条件を厳しくする

新たに二段階認証を追加したり、最低出金額を吊り上げるなど。

出金に関わる手間を増やして投資家たちに放置を促す。

 

配当の金利が上がる

配当の金利が急に高くなった時も注意が必要。

配当が高くなったことで新規にプランを勧めて課金をさせることがあります。

出金をしていなければ増えているのは画面上のデータだけです。

 

運営と連絡が取れなくなる

ホームページや各種SNSの廃止されたらかなり危険です。

連絡手段を断つことで何も音沙汰がなくなるパターンがこれまでも沢山ありました。

 

ハッキングされたとアナウンス

2018年~2019年に始まった仮想通貨詐欺の中では、最も飛ぶ理由として多かった。

ハッキングされた場合の責任は負わないことがほとんどなので、これを言われてしまうと泣き寝入りすることになってしまいます。

これが発表される前に資金を抜いておくようにしましょう。

 

以上、仮想通貨投資案件が飛ぶ前の兆候5つを紹介しました。

普段から情報収集をして、これらの兆候を前もってキャッチできるようにしておきましょう!

 

 

プランスゴールドが飛ぶ前に元本回収!

これまでの話をまとめると、

参加している人も、参加を検討している人もとにかく元本回収を最優先で行うこと

 

プランスゴールドはいま好調かもしれませんが、飛ぶ可能性も高い案件です。

 

なので、投資している方は「もしかしたら飛ぶかもな」という視点を忘れずにリスク管理をしながら投資していきましょう。
 
最近ではプランスゴールド(PGA)のように運営会社にお金を預けるのではなく、自分で資金管理しながら運用できるサービスも増えてきています。
 
932万円稼げました」という口コミが投稿されている案件なので、プランスゴールド(PGA)と比較してみるといいかもしれません。
 

 
 
↓クリックで開閉できます↓

【2020月6月10日】プランスゴールド(PGA)は日本人投資家が9割
高利率のアービトラージシステムを提供しているプランスゴールド(PGA)ですが、

利用しているのは9割が日本人では?」という疑惑が出ています。

プランスゴールドのアクセス元解析_

プランスゴールドの公式ホームページのアクセスを調べてみたところ、90%が日本からのアクセスだと判明。

各国にてプロモーション活動を行っているはずなのですが、あまりにも日本に偏っているように見えます。

 

そうなると「元々、日本人をターゲットにしている投資」という見方もできるので、

今から参入を考えている方は、十分に投資内容を確認してから投資するようにしてください。

【2020年5月26】プランスゴールド(PGA)がコインテレグラフに掲載!

コインテレグラフジャパンにて、PranceGoldHoldingsのCEO、Andre Gerald氏が登場しています。

プランスゴールドがコインテレグラフジャパンに登場
(引用:今なぜ裁定取引なのか? 不況下でも資産を増やす新しい金融テクノロジーより)

Gereld氏はアービトラージ(裁定取引)の有用性を述べており、プランスゴールドの事業を裏付けするような内容になっています。
 
コインテレグラフジャパンは仮想通貨メディアの中でも規模が大きいので、この記事を読んだユーザーがプランスゴールドを始めるかもしれませんね。

【2020年5月20日】グランドOPEN間近!キャンペーン内容まとめ

プランスゴールドは5月23日にグランドオープンを予定しています。

そこで、大々的なキャンペーンが行われることになりました。

プランスゴールドキャンペーン内容

■キャンペーン内容1

新規入金額に対して5%のトレーディングクレジットボーナスが付与される。

トレーディングクレジットは今後のキャンペーンで利用可能。

ただし、出金・出金申請を行うと消滅するので注意

 
■キャンペーン内容2

対象:直接紹介 6アカウントがいる人
   各アカウント1000ドル以上の入金
報酬:直接紹介の総売り上げ30,000ドル毎に10gのゴールド贈呈

5/23日にはZOOMで初回コンベンションが開催予定。

詳しくは公式テレグラムよりご確認ください。

【2020年5月10日】プランスゴールドの懸念点
 
すでに海外では「プランスゴールドは危険」と認識されているようです。

プランスゴールドはポンジスキーム?
(引用:behindMLMより)

サイトで挙げられている理由として、

・高すぎる配当率
公式動画なのにスマホで撮影している点(360pでアップロードされていることから)
・日本からのアクセスが90%を占めている
・アフィリエイトの支払いで利用する収益の証拠が無い
・金融規制当局に登録していない
 …などなど

 
確かにこれまで飛んでしまった投資案件の特徴に当てはまるものも多い。
 
ですが、プランスゴールドはまだ始まったばかりの案件。

すぐに飛ぶことは無さそうですが、一定の警戒しておいた方が良いかもしれません。
 
先行者利益が手に入ったと思ったら、元本を早めに回収しておくようにしましょう。
 
 
もし「飛ぶ心配が無くて、すぐに利益を得たい!」という話なら、

“海外の急騰通貨への投資”をオススメします。
 
すでに取引所に上場している通貨への投資なので、すぐに日本円に戻すことも可能。

上昇率「500%以上」の急騰を見せる通貨もゴロゴロ出ているので、稼げる期待値は高いです。
 
海外取引所に詳しくない場合は、取引所の開設サポートから急騰通貨の予測まで幅広く行っているサービスがあるので、興味がある方は下記からどうぞ。

クリプトマネージャー 「海外アルトコインで爆益」を生む投資術

アメリカ版yahoo!finaceにプレスリリースが掲載

米版ヤフーファイナンスに広告掲載

プランスゴールドアービトラージのプレスリリースが、アメリカのyahoo!ファイナンスに掲載されています。

記事に書かれているのはプランスゴールドの事業内容の説明。

プレスリリースなのでyahooがプランスゴールドを認めたというわけではありませんが、多くの人の目に留まったことは間違いないでしょう。

 

プランスゴールドのSNS上の広がり

「プランスゴールド」はTwitter上で、4/6~4/14日の間「100万回」以上タイムラインで話題に上がりました
 
プランスゴールドはアービトラージシステムを使った仮想通貨投資。

その月利は「20%」と高額です。
 
現在、SNSではプランスゴールドの話題で盛り上がっています。

PGA-実績
 
プランスゴールドは「稼げる!」という口コミが多いですが、その件について調査していきます。

プランスゴールドの口コミ

  • 投稿者 匿名
    評価 0.5星評価

    2020年7月21日

    普通に考えて月利15〜20%の利益が出るなんて、裏があるに決まっていますよ?この手の高利回りアービトラージ案件なんて、どれもこれも飛ぶのが普通です。ポンジスキームだというのは過去の実績からも明白です。口車に乗せられないでください。

  • 投稿者 匿名
    評価 0.5星評価

    2020年7月20日

    プランスゴールドの信者がジュビリーエース叩いてるけどきっと体力はPGAの方が半分も無いと思うよ。そろそろ逃げる準備しなくていいの?

  • 投稿者 匿名
    評価 0.5星評価

    2020年7月20日

    今はイケイケでジュビリーエースを批判しているプランスゴールドも、注意しないとジュビリーエースみたいに報酬が下がり始めて紹介を死ぬ気で盗らないと破綻するようになるぞ、独自トークンを出したら赤信号だ。

  • 投稿者 匿名
    評価 0.5星評価

    2020年7月16日

    常識的に考えて月利15〜20%もの利益が出るなんて、何かあるに決まってます。この手の怪しい高利回りアービトラージは、最終的に飛ぶのが普通です。ポンジスキームだというのは明白です。口車に乗せられないよう気を付けてください。

  • 投稿者 匿名
    評価 0.5星評価

    2020年7月15日

    プランスゴールドアービトラージもロック掛けるプランだしてきたし、制限なしは諸刃の剣なんでしょうね。
    直ぐ対策打つ辺りは信頼しても良いのかもしれないね。

  • 投稿者 匿名
    評価 3星評価

    2020年7月14日

    今ならまだギリギリ稼げるだろうから資金あるやつはPGAやるだろう。いつ飛ぶかもこの手のやつに関わったやつなら引き際も分かると思う。引き際だけは間違えないように

  • 投稿者 匿名
    評価 2星評価

    2020年7月9日

    プランスゴールドのセミナー人凄いけどみんなどうやって勧誘してるの?
    普通に憧れる。

  • 投稿者 匿名
    評価 1星評価

    2020年7月9日

    節操のない泉忠司が出した案件ですからプランスゴールドで利益出すにはもう遅すぎなんじゃないでしょうか。もう上の連中は別案件に移ってますよ。

  • 投稿者 匿名
    評価 2星評価

    2020年7月7日

    常識的に考えて月利15〜20%もあるなんて怪しまないとダメですよ?世の中、こんな上手すぎる話にはだいたい裏がありますからね。この手の怪しい自転車操業丸出しの高利回りは、間違いなく飛びます。勧誘には乗らないでくださいね。

  • 投稿者 匿名
    評価 2.5星評価

    2020年7月4日

    冷静に考えれば月利15〜20%の配当を出し続けるなんて不可能です。プラストークンをはじめ、WoTokenやICBウォレットなどの高利回りアービトラージ案件はすべて跡形もなく飛んでいますし、ポンジスキームだというのは過去の実績からも証明されています。これに関わるのは危険です。

プランスゴールド(PGA)が飛ばずに投資し続けられるのか調査

プランスゴールドは「月利20%」の仮想通貨投資プロジェクトの1つです。
情報商材を扱う坂本よしたか氏が「コロナショックでダメージを受けた人々を救済する」と案件を紹介しました。
 
正式名称は「PGA(プランスゴールドアービトラージ)システム」
文字通り仮想通貨のアービトラージ(裁定取引)によって利益を出す仕組みになっています。
 
グランドオープンは2020年5月23日からですが、先行オープンですでに参加している人々もいるようです。

本記事ではプランスゴールドの特徴や注意点について解説し、「プランスゴールドは稼げるのかどうか?」判定していきます。

プランスゴールドの特徴

プランスゴールドには「4つの特徴」があります。

・月利「20%」の高額月利
・出金ができるので投資リスクが低め
・自動運用してくれるので作業は楽チン
・紹介報酬が豊富に用意されている

 

月利「20%」の高額月利

プランスゴールドは日利「0.7%」で仮想通貨の配当が行われます。
月利にすると約「20%」です。
 
プランスゴールドの投資金の下限額「1000ドル」で複利で運用すると「3か月」で元が取れる計算。

この圧倒的な利益を出す仕組みが「三角アービトラージ」というシステムです。

プランスゴールドの三角アービトラージ

 
アービトラージは取引所間で生じる僅かな価格差を利用して利益を得る手法のこと。

プランスゴールドで行う三角アービトラージでは、同じ取引所内で仮想通貨の売買を行って利益を出します

 
これまでのアービトラージは、異なる取引所間で送金をし合って、その価格差で利益を出すものが主流でした。
ただ、「送金している間に価格が変わってしまって利益が出ない」という欠点がありました。

アービトラージの仕組み

しかし、「三角アービトラージシステム」は同一取引所内で売買を行うので時間差が生まれにくい。

これまでのアービトラージの欠点を克服したものになっています。

 

出金がいつでもできる

プランスゴールドでは、運用している資金をいつでも出金することができます

仮想通貨投資では「ロック期間」といって、利益が出るまで資金を動かせない期間が設けられることが多い。

その点、プランスゴールドは初めから出金が自由に行えるので比較的リスクが低いです。
 
出金についての概要は以下の通り。

プランスゴールドの出金

■処理期間 手数料
3営業日   5%
8営業日   3%
22営業日   0%

※土日は含めない。

土日を計算に含めないので、手数料0%で引き出したかったら約1ヵ月かかることになります。

元本を回収できる見込みが立てられたら、早めに引き抜いておいた方が良さそうです。

資金を預けるだけの自動運用

プランスゴールドは投資金を入れておけば、自動で三角アービトラージを行います。

プランスゴールドのアービトラージスケジュール

放っておいても自動で売買利益を得ることができるので、作業の手間がかかりません。

紹介すればするほど稼げる仕組み

プランスゴールドには様々な紹介者報酬が用意されています。

・紹介者ボーナス
・新規開拓ボーナス
・ランクリワード

プランスゴールドの紹介報酬1

プランスゴールドの紹介報酬2

プランスゴールドの紹介報酬3

簡単に言うと、人に紹介すればするほど利益が大きくなる仕組みです。

プランスゴールドに人を紹介して、紹介した人が資金を投入したら自分に利益が入ります。

 

プランスゴールドの注意点

プランスゴールドは「月利20%」「いつでも出金可能」「自動運用で楽チン」と、非常に良い案件に見えます。
 
ただ、投資をする際には懸念点もきちんと考慮しておきましょう。

プランスゴールドの懸念点としては、
・アービトラージシステムが続くか不安
・評判の良くない人物がオススメしている
・評判の良くない商材と”同じ住所”で営業している

という3点が挙げられます。
 

アービトラージシステムが続くか不安

プランスゴールドで採用している三角アービトラージですが、ずっと収益が見込めるシステムではありません
 
本来アービトラージは小額で投資して細かな利益を出していく投資手法

大きな資金を投入すると瞬く間に価格が変動する可能性があるため小額でやるのが鉄則です。
 
現在プランスゴールドでは新規参入者を大々的に募集していますが、アービトラージで利益を出すのと逆行した行動を取っていると言えます。
 
アービトラージ以外で収益を見込んでいないので、この収益モデルが継続できるかどうか不安が残ります。
 

本当にアービトラージをしているか分からない

プランスゴールドのセミナーでは、実際のアービトラージの様子も見せてもらえます。
 
しかし、取引画面については簡単に作成が可能なので盲目的に信じるのは危険です。

プランスゴールドの三角アービトラージ例

この画像はプランスゴールド公式サイトに掲載されている「三角アービトラージ」の収益システムの見本です。
 
画像の取引の流れは以下のようになります。

①BTC⇔ETH
②ETH⇔MFT
③MFT⇔BTC

現在、この取引を”同一取引所内”で行える場所はありません

PGA-MFTが売買できる取引所一覧

以前は三角アービトラージ出来ていたバイナンスも2020年4月3日にMFT/BTCの通貨ペアを上場廃止。
今はもうこの取引を行うことができません。
 
つまり、「今は公式サイトに載っているデータが当てにならない」ということ。

セミナーに行った際には「取引ペアの組み合わせ・出来高」を見て、本当にアービトラージを行っているのか確かめましょう。

 

紹介している人物の評判が悪い

プランスゴールドは坂本よしたか氏発端で広まっていき、他にも「泉忠司」「まゆ姫」「小野里はじめ」などの人物が紹介し始めています。
 
仮想通貨投資界隈では「関わったら危ない案件を紹介する」と有名な方々です。

彼らが過去に紹介してきた案件が原因で、上記した全員が「集団訴訟」を起こされかかっています。
 
過去に問題を起こしている紹介者たち

これまでの実績からして「うかつに信用するのは危険な案件」と言えます。
 

住所が他の案件と一緒で不自然

プランスゴールドは「ジュビリーエース」という仮想通貨案件と一緒の住所を使用しています。

プランスゴールドはジュビリーエースと住所が同じ

ジュビリーエースは「元本回収まで1年以上かかる」とあまり評判が良くない案件。
 

結局、ジュビリーエースとプランスゴールドは一緒の企業が営業しているのでしょうか?

過去の案件と似ている内容も多いので、サービス名だけ変えてやり直している可能性はあります。
 
ジュビリーエースの動向もうかがっておいた方が良さそうです。

■関連記事
ジュビリーエースの実態に迫る!10の事象から浮かび上がった内情とは
 

プランスゴールドは稼げるのか

プランスゴールドは大きく稼げる可能性はあります

ですが運営が飛ぶ可能性も高い案件です。
 

プランスゴールドは5/23グランドオープン予定。

まだリリースしたばかりの案件なので、早めに始めておくことで先行者利益を得られるかもしれません。
 
投資を始める前に、

「本当にアービトラージ取引の利益だけでまかなえているのか?」
「今後も継続して利益を出し続けることができるのか?」
「運営が飛ぶ可能性はないのか?」

 
これらの懸念事項をよく考慮し、投資するかどうかを決めていきましょう。

もし、参入する場合は以下の注意点を参考にしてください。
 
参加する場合の注意事項
・余剰資金で行う
・資金を適宜出金しておく
・実績の信ぴょう性をきちんと精査して確かめる
・(飛ぶかもしれないので)むやみやたら知人に紹介しすぎない
 
ちなみに、プランスゴールド以外にも「海外のアルトコイン」を狙って大きな収益を狙う方法もあります。

3月の実績では「649万円」の利益を獲得した人もいたようなので、気になる方は覗いてみてください。

「海外アルトコイン」に特化した急騰通貨の予測サービス
 

プランスゴールドの登録方法

プランスゴールドは公式サイトより登録することができます。

プランスゴールドの登録方法

プランスゴールドの登録方法2

基本的に全て英語で入力をします。

紹介者IDは紹介者がいれば、その紹介コードを入力。

配置IDは「自分がどこのクラスに属するか指定する」もの。分からなければ入力する必要は特にありません。
 

プランスゴールドの運営

プランスゴールドのロゴ

■会社概要
・PranceGoldHoldings
・2019年5月にセーシェルで設立
・2020年取引資金;6,360万BTC
・予備資金1,500万ドル
・取引員と従業員:66名

 
■運営陣(公式サイトより抜粋)
プランスゴールドのCEO
最高経営責任者

アンドレ・ジェラルド

Prance Gold HoldingsのCEO。
10年以上前にBNIで取引キャリアを始め、その後、暗号分野のいくつかの取引所で重要な任命を経ていました。

プランスゴールドのCTO
最高技術責任者

サイ・ハイン

Prance Gold HoldingsのCTO。
この役職において、サイ・ハイン氏は、Prance Gold Holdingsの日々の運営を管理する幅広い責任を負っています。

プランスゴールドのCOO
最高執行責任者

ジェイコブ・コールセン

ジェイコブ・コールセンはCOOとしてPrance Goldに入社し、Prance Goldの取引、研究開発部門の責任者。

 

今後のロードマップ

 
プランスゴールドのロードマップ
(引用:ビットコイン予備校より)

 

プランスゴールドは2021年8月までのロードマップを公開中。

2020年は中国深センやドバイに事務所を立てて、規模を大きくていきます。

2021年には金や石油製品の取り扱いを開始する予定で、事業を新しく展開していく予定になっています。

 

ジュビリーエースとの違い

プランスゴールドは「ジュビリーエース」という投資案件の上位互換と言われることがあります。

この2つの違いについて確認してみましょう。

     プランスゴールド  JA
手法  三角アービトラージ 三角アービトラージ
年利     15~20%   3~20%
利益上限   3~6倍      3倍
最低投資額  1000ドル    1000ドル
資金ロック  無し      あり
報酬付与   7時間後毎   5~15日後
出金期間   3,10,22日後  15日平均
出金手数料  0~5%      10%
運用方法   自動      手動
投資対象   仮想通貨のみ 仮想通貨、スポーツベッティングなど
 
ジュビリーエースと比べると、プランスゴールドの方が良い条件が揃っていることが分かります。

投資手法は2つとも「三角アービトラージ」がメインなので、収益モデルはほぼ一緒です。
 
もし今から参入するなら、いつでも出金可能な「プランスゴールド」の方が良いでしょう。

ただ、どちらにしろ懸念点はあるので、あらかじめ注意点をよく確認してから投資を行うようにしてください。

プランスゴールドのまとめ

・月利「20%」の高額月利で自動運用ができる
・いつでも出金可能で比較的リスクは低め
・三角アービトラージの実績を確認したほうが良い
・ジュビリーエースと同じ住所を利用している理由が不明
・関わっている人の過去の実績が怪しいので要注意
 
今後プランスゴールドは爆発的に広がっていくと思います。

もし投資をする場合は、きちんと実態を見定めてから投資するようにしましょう。

口コミ投稿フォーム

よく比較されるページ

^