プランスゴールドからの返金は望み薄。他の方法で資産を形成する!

プランスゴールド(PGA)の詳細情報

総合評価: 0.5星評価 0 

口コミ総数:5件

満足度 0.5星評価
将来性 0.5星評価
期待値 0.5星評価
【目次】

プランスゴールドからの返金は困難

2020年10月15日、プランスゴールドから出金停止が発表されました。

 

お金を預けていた一部のユーザーは「集団訴訟」でプランスゴールドに返金を求める運動を始めています。

集団訴訟に乗っかろうとするユーザーも増えていますが、返済される望みは薄い。

 

残念ながら、プランスゴールドから返金させるのは難しいと言わざるを得ない状況になっています。

 

返金に最低限必要な条件

プランスゴールドに返金させるには、様々な条件をクリアする必要があります。

最低限クリアする条件は4つ。

①運営を逮捕すること
②詐欺を確定する証拠があること
③日本人への返金を約束させること
④返金できるだけの資産を残していること

 

返金を求める場合、まずはこれらの解決が大前提。

今の状況を考えると大変な道のりを覚悟しなければいけません。

 

運営の所在は行方不明になっている

プランスゴールド運営は行方不明になっています。

プランスゴールドのオフィスが空っぽに
(引用:@pgajpnより)

元々営業していた住所はもぬけの殻に

運営から事情を聴くとしても、まずは捜索するところからスタート。

 

国外に逃亡している可能性も高く、いち個人が行方を追うのは難しいでしょう。

被害者は日本人が多いため、中国警察が動いてくれるかも微妙なところです。

 

詐欺である材料が無い

プランスゴールドが飛んだのはほぼ確定。

しかし、詐欺の証拠はまだありません

 

実際、飛ぶ以前には出金できている人も多くいました。

アービトラージで収益を出していないという噂も、実際に内部のシステムを調べてみるまで分かりません。

プランスゴールドのリアルタイムトレード
プランスゴールドがアービトラージをしていない疑惑

 

もし、プランスゴールドが詐欺目的でやっていた物的証拠があれば、詐欺だと立証できる可能性は高まります。

ですが、運営はすでに身を隠し、ホームページも削除済み

 

ここから詐欺の証拠を集めるのは大変な作業になります。

 

日本人は返金の対象外

プランスゴールドは中国で営業していたため、中国の法律に基づいて裁かれる予定。

この場合、日本人被害者の補償は無い。

 

過去、日本人被害者も多くいた「プラストークン」という案件の例を見てみると分かります。

プラストークン首謀者の逮捕
(引用:500億の「ブロックチェーン」詐欺を明らかにするより)

運営が逮捕されたにもかかわらず、日本人被害者に対する補償はありません。

プランスゴールドも同様の扱いを受ける可能性が高いでしょう。

 

日本人の被害者が多いと言えど、運営が逮捕されても徒労に終わってしまうこともあるのです。

 

返金できるだけの資産が無い

仮に運営が逮捕されて返金されたとします。

しかし、そもそも返金できるだけの資産を持っているのかが問題です。

 

プランスゴールドのマスター口座と言われているものを見ると、ここ最近で何度も資金が引き出されていることが分かる。

プランスゴールドの出金
(引用:@pgajpnより)

 

恐らくこの資金でマネーロンダリングをしている最中でしょう。

資金の行方が分からなくなると、資産が残っているかどうかも判断が付けられず。

 

返金させようにも「お金を持っていないからできない」なんてことになりかねない。

 

仮想通貨詐欺の返金件数:0件

プランスゴールド以外にも仮想通貨詐欺はこれまで多くありました。集団訴訟が立ち上がった案件もあります。

しかし、返金できた試しがありません

 

プランスゴールドも紹介していた泉忠司の案件である「仮想通貨バンク、Wowbit、ノアコイン」。

これらは被害者数707人も集まっていますが、いまだに返金は無し。

泉忠司の詐欺の評判
(引用:【集団訴訟に向けて】”泉忠司”についてより)

中には500万円以上の損失を出している人もいます。

 

他にも「アービタオ」という案件は2019年に集団訴訟プラットフォームが開設。

2020年の10月になっても資金を取り返せずにいます

アービタオの評判
(引用:【集団訴訟に向けて】藤本弦太「ARBITAO (アービタオ)」についてより)

 

集団訴訟サイト「Matoma」に上がっている仮想通貨詐欺の件数は131件。

未だ返金された事例は存在しません。

 

返金の可能性は残っていないのか?

一部では返金を代行する話や、プランスゴールドが復活する説も出ています。

それでも、プランスゴールドから返金させるのは難しいでしょう。

 

運営・関係者はあの手この手を使って逃げ回ります

 

返金代行してくれる人は手数料目当て

「プランスゴールドから資金を取り戻すお手伝いをする!」という人が出現中。

手数料だけ取って返金はしてくれません

プランスゴールドの返金詐欺

 

仮想通貨投資の案件が飛んだ後は返金詐欺が多発します。

過去にもWotokenが飛んだときは大規模な返金詐欺が行われました。

WoToken返金プロジェクトは全く進展なし!返金の見込みはあるのか?

 

結局、手数料だけ先にとって被害者への返金はゼロ。

プランスゴールドも同様の流れになることは明らかでしょう。

 

もし手数料がかからないとしても、
・具体的に取り返す方法
・期間
・弁護士事務所を通しているか

など詳しく聞くこと。

全てを信用できた場合にのみ、依頼をかけるようにしましょう。

 

2021年に復活する保証がどこにも無い

プランスゴールドは2021年初頭に出金再開見込みと発表しています。

プランスゴールドの出金再開見込み

プランスゴールドはアメリカの金融取引規制の影響を受けて出金を停止。

問題が解決するのが2021年初頭という話。

 

2021年初頭に問題が解決する根拠はどこにもありません

 

運営が飛ぶまでの時間稼ぎの線が濃厚。

ユーザーが安心して待っている間に、全ての資金を出金している可能性があります。

 

すでに何度もプランスゴールドのマスター口座から出金が繰り返されている事実から、2021年初頭の復活には期待できません。

 

日本人紹介者を訴えても返金は厳しい

プランスゴールド運営ではなく、直接紹介してきた人を訴える方法も考えられます。

日本人を訴えても返金の可能性は低い。

 

まず、紹介者が「詐欺行為だと知っていながら不当な勧誘をした」事実を認めさせなければいけません。

認める紹介者は一人もいないでしょう。

 

さらに「最終的に投資は自己判断」という前提もあります。

プランスゴールドで損をするリスクがあることを知りながら投資に参加していたなら、その投資は自己責任ということになります。

 

このリスクには「運営が飛ぶかも」という内容も含まれます。

もし裁判になったとしても泥沼になることは覚悟しておきましょう。

 

投資金はどうなるのか?

残念ながら、投資金は運営に持ち逃げされてしまうでしょう。

もちろん、プランスゴールドの言うことを全て信じるならば、2021年初頭から出金できる可能性はあります。

 

ただ、過去の事例と照らし合わせると、このまま運営が飛ぶのは規定路線だと思います。

 

運営を訴えるのも難しい、日本人紹介者からも資金を取り返せない状態。

かなり辛い状況ですが、前を向くしかありません。

 

もし、今後も投資を行うならプランスゴールドのように資金を預け入れて運用を任せる投資ではなく、自分の手で運用できるものにしましょう。

 

返金の道は諦めて他の方法を検討

プランスゴールドからの返金は成功確率が低いです。

これまでも仮想通貨詐欺で返金を求めたことはありますが、そのどれもが途中で頓挫しています。

 

集団訴訟に参加したとしても、裁判は長引く上に決着がつかないことの方が多い。

他の方法で資産を形成する道を探した方が、資産状況を元に戻せる可能性は高いでしょう。

 

ひと月で1800万円稼げたアルトコイン投資

プランスゴールド(PGA)の口コミ

  • 投稿者 匿名
    評価 0.5星評価

    2020年11月17日

    PGAの破綻はマスコミのネタにまでなったんだね。自分の周りには被害者居ないと思ってたけど案外居るかもしれないな。11月までは大丈夫だと言ってた連中の慌てようが確かにすごいよな。

  • 投稿者 匿名
    評価 0.5星評価

    2020年11月3日

    先月末にぎりぎりで追加資金投入できてホッとしてたのがこの有様。自分のような被害者が一体何人いるんだろうか。この先訴訟して勝てるのか?俺の金はもう戻らないのだろうか。

  • 投稿者 匿名
    評価 0.5星評価

    2020年10月29日

    プランスゴールドアービトラージなんて所詮はMLM案件です。紹介報酬制度が成り立たなければおしまい何ですよ?収益月利である15%〜20%より多くの利益を出すのは必須ですが無理でしょう。噂通り近いうちに必ず飛びますね。

  • 投稿者 匿名
    評価 0.5星評価

    2020年10月29日

    月利15〜20%だなんて冷静に考えればおかしいと気付くはずです。この手の高利回りはしょっちゅう飛んでいますし、ポンジスキームじゃないとこんな月利を実現するのは不可能です。最終的に金を騙し取られますから勧められても無視しましょう。

  • 投稿者 匿名
    評価 0.5星評価

    2020年10月28日

    出金申請の案内から飛ぶまでが計算できてるとしか思えないな。マネロンで米国当局からチェックされてたというのも言い訳だろう。飛ぶとなると早いよな。

プランスゴールドとは

プランスゴールドは「月利20%」の仮想通貨投資です。

情報商材を扱う坂本よしたか氏が「コロナショックでダメージを受けた人々を救済する」と案件を紹介しました。

 

正式名称は「PGA(プランスゴールドアービトラージ)システム」
文字通り仮想通貨のアービトラージ(裁定取引)によって利益を出す仕組みになっています。

プランスゴールドの三角アービトラージ

 
アービトラージは取引所間で生じる僅かな価格差を利用して利益を得る手法のこと。

プランスゴールドで行う三角アービトラージでは、同じ取引所内で仮想通貨の売買を行って利益を出します。

 

口コミ投稿フォーム

よく比較されるページ