MERCATOXの登録から始める草コイン投資【画像解説付き】

MERCATOXの詳細情報

総合評価: 3星評価 3 

口コミ総数:3件

満足度 3星評価
将来性 3星評価
期待値 3星評価
【目次】

MERCATOXに登録してみよう!

MERCATOX取引所は草コインを多く上場させている仮想通貨取引所。

草コインは少ない投資額で大きなリターンを期待できます。大きく稼ぎたい人にはピッタリな投資先と言えるでしょう。

億り人になれる可能性を秘めた草コインを多く取り扱うMERATOX取引所への登録は3STEPで簡単に行なえます。

 

■MERCATOX取引所 登録の流れ
①アカウントの登録
②二段階認証の設定
③KYC(個人認証)の申請

 

取引するのに必要なものはメールアドレスだけ。
アカウントの登録は3分ほどですぐに完了します。

 

それでは早速、MERATOX取引所の登録を進めていきましょう。

 

アカウントの登録方法

1.MERCATOXの公式サイトに行き、画面右上の「SIGN UP」をクリックします。

MERCATOXの登録手順1

 

2.アカウントの登録に必要な項目を入力していきます。

MERCATOXの登録手順2

①登録するメールアドレスを入力
②登録するパスワードを入力
③登録するパスワード(確認用)を入力
④利用規約を確認したらチェックを付ける
⑤非ロボット認証にチェックを付ける

 

登録するメールアドレスはフリーメールアドレスでもOK!
登録しても余計な広告メールは届きません。

 

全ての入力を終えたら「REGISTER」をクリックします。

 

3.クリックすると、MERCATOXから登録確認のメールが届きます。

MERCATOXの登録手順3

アカウントの登録を承認するためにメール内の「CONFIRM YOUR ACCOUNT」をクリックします。

これでアカウントの登録が完了しました。

 

ログイン方法

アカウントの登録が完了したら、一度ログインをしてみましょう!

 

1.MERCATOXの公式サイトから「LOG IN」をクリックします。

MERCATOXのログイン手順1

 

2.ログインに必要な項目を入力します。

MERCATOXのログイン手順2

①登録したメールアドレスを入力します
②登録したパスワードを入力します
③非ロボット認証にチェックを付ける

上記手順を終えたら「LOG IN」をクリックします。

 

3.二段階認証コードを入力します。

※二段階認証コードの設定をしている場合のみ。初回ログイン時には出てきません。

MERCATOXのログイン手順3

「GoogleAuthenticator」のアプリを開いて、MERCATOXの認証コードを入力します。

 

4.チャートの画面が表示されます。
一見ログインが成功しているように見えますが、まだログインは完了できていません。

MERCATOXのログイン手順4

 

画面上部に「Confirmation mail sent to your e-mail address」とあるように、この時点でMERATOX取引所からログイン確認用のメールが届きます。

MERCATOXのログイン手順5

 

ログインを承認するためにメール内の「LOGIN TO ACCOUNT」をクリックします。

 

5.自分のウォレットの画面が表示されます。

MERCATOXのログイン手順6

これでログインは完了。

他の取引所と違って、「メールでもログインを承認する」のがMERCATOX取引所の若干ややこしい点。

 

ログインが出来ないと思っても慌てずに、メール認証を忘れないようにしておきましょう!

 

二段階認証の設定方法

二段階認証はログイン時の作業を一つ増やすことで、セキュリティを高められる設定のことです。

ハッキングリスクを軽減することが出来るので、仮想通貨取引所ではほぼ必須な設定項目になっています。

 

二段階認証を設定しなくても取引を始めることは出来ますが、設定していて損をするものではありません。

セキュリティを高めるためにも早めに設定をしておきましょう。

 
【すぐに取引を開始したい人はこちらから】
MERCATOXで取引を始めよう!

 

それでは二段階認証のやり方について見て行きましょう。

 

1.MERCATOXにログイン後「マイページ」の画面のタブから「Security」をクリックします。

MERCATOXの二段階認証手順1

 

2.「Two-factor authentification by Google Authenticator」が二段階認証の設定箇所になっています。
選択されていることを確認したら、「OFF」ボタンをクリックします。

MERCATOXの二段階認証手順2

これで二段階認証の設定ページまで行けます。

 

3.「Google Authenticator」を使って二段階認証の設定を行います。

MERCATOXの二段階認証手順3

「Google Authenticator」を起動させてQRコードを読み込みます。

すると、「GoogleAuthenticator」に「MERCATOX」の情報が自動で登録されます。

 

6桁の枠の中にGoogleAuthenticatorで表示した数字を入力します。

GoogleAuthenticatorでの承認

(一定時間が経過すると、自動で数字が変わります。変わってしまった場合は、変化後の数字を入力してください。)

 

また、「Secure key」は忘れずにメモを取っておきましょう

この「Secure key」は二段階認証用に登録していたスマホを紛失して、アカウントにログインできなくなった時などに必要なデータになります。

(一応、Secure keyを忘れた場合でもアカウント情報を運営に提供することでアカウントを復活出来る時はありますが、時間がかかってしまいます)

 

入力を終えたら「Confirm」をクリック。

これで二段階認証設定は完了です。

 

5.最後に二段階認証設定がきちんと反映されているかを確認しましょう。

「Two-factor authentification by Google Authenticator」のボタンが「ON」になっていたら正しく設定できています。

MERCATOXの二段階認証手順4

試しにログアウトをして再度ログインをしてみてください。

ログイン時に二段階認証の設定コードが要求されるようになっているはずです。

 

これでセキュリティを高く設定できました!

 

KYCのやり方

KYC(個人認証)は、1日に1BTC以上を出金したい場合に必要になります。

1BTC以下の小額取引しか行わない人はKYCをする必要はありません。

 

KYCを済ませると1日に5BTCまでの出金が可能になるので、あらかじめ設定しておくようにしましょう。

 

取引自体はKYCを行わなくても出来るので、後回しにしても大丈夫です。
すぐに取引したい方はコチラ

 

1.MERCATOX取引所にログイン後、「Profile」をクリックします。

MERCATOXのKYC手順1

 

2.KYCに必要な項目を入力していきます。

MERCATOXのKYC手順2

※すべて英語で入力

①FirstName:「名前」を入力
②LastName:「苗字」を入力
③Country:「Japan」を選択
④State:「都道府県」を入力
⑤City:「市町村」を入力
⑥Postcode:「郵便番号」を入力
⑦Address:「市町村以後の住所」を入力
⑧Birth:「誕生日」を入力
⑨Phone:「電話番号」を入力

住所を英語に変換するときは「住所を英語表記にするサイト」を利用すると便利です。

 

3.KYCは身分を証明するために、個人が特定できるファイルをアップロードする必要があります。

MERCATOX取引所では「パスポート」もしくは「運転免許証」で個人を特定します。

MERCATOXのKYC手順3

①「パスポート」もしくは「運転免許証」の番号が載っている部分をアップロードします。
パスポート…顔写真とパスポート番号(9桁)が載っている所
運転免許証…顔写真と運転免許証番号が載っている所

②公共料金のファイル(住所が記載されているもの)をアップロードします。
なければ、その他の住所が記載されているファイルをアップロード。

③「身分証明書番号」「当日日付を書いた紙」を持って自分の上半身が写るようにした写真をアップロードします。

KYCの画像アップロード例

ファイルのアップロードを終えたら、「Save」をクリックします。

 

これでKYC申請は完了です。

 

MERCATOX運営が申請を確認するのに時間がかかるので、受理されるのをしばらく待ちましょう。

 

KYCの申請が通れば、1日に5BTCまでの出金が可能になります!

 

ログイン手順を短縮するホワイトリスト機能

MERCATOXではログインの工程がほかの取引所よりも多いです。

 

セキュリティが高い反面、

「いちいちログインするのが面倒臭い・・・」というユーザーもいるようです。

 

ホワイトリスト」という機能を使えば、面倒くさいログインを解決できます。

 

「ホワイトリスト」は自分のパソコンが使っているIPアドレスをアカウントに登録できる機能です。

登録をしておくと、以後そのIPアドレスからのアクセスは二段階認証とメール認証が免除されるようになります。

 

ホワイトリスト機能は集中して取引を何回も行う時に設定をして、放置する際には設定を外しておくことをオススメします。

 

それでは「ホワイトリストの設定方法」を見て行きましょう!

 

1.ログイン後、画面左のタブから「セキュリティ」をクリックします。

MERCATOXのホワイトリスト登録手順1

 

2.「AUTH LIST / WHITE IP LIST」をクリックします。

MERCATOXのホワイトリスト登録手順2

 

3.ここでIPのホワイトリスト登録を行います。

「Add IP」をクリックします。

MERCATOXのホワイトリスト登録手順3

 

4.ログインを簡単にしたいIPアドレスを入力します。

「Add my current IP」をクリックすると、いま使用しているIPアドレスが自動で入力されます。

MERCATOXのホワイトリスト登録手順4

 

5.IPアドレスを入力したら「Confirm」をクリックしてホワイトリストに登録します。

 

6.「White IP list」に入力したIPアドレスが追加されたら登録完了です。

MERCATOXのホワイトリスト登録手順5

これ以後、ログインする際には、登録メールアドレスとパスワードだけで入れるようになります。

 

7.ホワイトリストを削除する際には、IPアドレス横のゴミ箱をクリックします。

MERCATOXのホワイトリスト削除

ポップアップで「Are you sure you want to delete this ip from whitelist?」と出るので「OK」をクリックします。

すると、ホワイトリストからIPを削除することが出来ます。

 

MERATOXで取引を始めよう!

アカウントの登録が終わったら、さっそく取引を始めていきましょう!

ここまでくれば取引まであともう少し。

この項では「入金~取引~出金」までの流れを解説していきます。

 

MERCATOXに入金をする

取引を始めるために、まずはMERCATOXに仮想通貨を入金していきましょう。

入金手数料はすべて無料となっています。

 

1.MERCATOXにログイン後「E-WALLET」をクリックします。

MERCATOXの入金手順1

 

2.入金したい通貨を探し、右の方にある「Deposit」をクリックします。
(今回はBTCで説明をしていきます)

MERCATOXの入金手順2

 

3.「入金アドレス」が表示されます。このアドレス宛に他の取引所から仮想通貨の送金を行ってください。

MERCATOXの入金手順3

入金したい通貨と異なる通貨を送金してしまうと、送金した通貨がチャージされずに消失してしまうので注意してください。

 

外部の取引所からの入金処理が終わると、MERCATOXのウォレットに反映されるようになります。

入金をしたら、ウォレットの「BALANCE」が増えていることを確認しておきましょう。

 

以上で入金手続きは完了です。

これで取引を始める準備が整いました!

 

仮想通貨を購入・売却する

入金出来たら、いよいよ取引を行ないます。

 

1.ログイン後、画面上部の「TRADE」をクリックします。

MERCATOXの取引手順1

 

2.取引画面が表示されます。

MERCATOXの取引手順2

①チャート…通貨の価格チャート
②ペア一覧…取引できる通貨ペアの一覧
③注文履歴…自分が出した注文の履歴
④注文フォーム…注文を出すところ
⑤チャット…MERCATOX参加者によるチャット
⑥取引板…今出ている注文の一覧
⑦NEWS…MERCATOX取引所のニュース

 

MERCATOXのチャート画面は取引画面にチャットが存在するのが特徴的です。

言語は英語になりますが、仮想通貨のことで連日盛り上がっています。

 

中には「moon(仮想通貨が急騰すること)」の情報が回っていることもあるので、ちらっと覗いてみると良い情報が得られるかもしれません。

 

3.画面右上から取引ペアを選択します。

MERCATOXの取引手順3

「Search」に仮想通貨の名前(BTCなど)を入力すると、検索することが出来ます。適宜利用してみましょう。

 

4.画面右下の注文フォームから売買を行います。

購入は「BUY」、売却は「SELL」の欄を使用します。

MERCATOXの取引手順4

①「OrderType」を選択
②「希望価格」を入力
③「希望枚数」を入力

■Order Typeの種類
・Limit(指値注文)…自分の決めた価格で取引を行います
・Market(成行注文)…市場価格で即決済する取引を行います
・Stop(逆指値注文)…ある価格以上/以下になった場合に自動で取引を行います

 

オーダーを入れた後は「BUY」または「SELL」をクリックして注文完了となります。

注文を終えたら、注文履歴に自分の注文が記録されます。

 

あとはオーダーが約定するのを待っているだけ。

 

指値の価格は取引板で流れている価格と同程度のものを入れておくと、約定しやすいです。

 

MERCATOXから出金する

最後にMERCATOXから出金するやり方について見て行きます。

MERCATOXでは仮想通貨の種類によって出金手数料が異なります。

■出金手数料(一部抜粋)
BTC 0.003BTC~0.005BTC
ETH 0.002ETH
LTC 0.015LTC

他の仮想通貨に関しては公式サイトを確認しておきましょう。

MERCATOXの出金手数料一覧

 

それでは具体的な手順を見て行きます。

 

1.ログイン後、「E-WALLET」をクリックします。

MERCATOXの出金手順1

 

2.出金したい通貨を探し、右の方にある「Withdraw」をクリックします。

MERCATOXの出金手順2

 

3.「出金先アドレス」と「出金数量」を入力し、「submit」をクリック

MERCATOXの出金手順3

スライドバーをいじることで、手数料を変更することもできます。

手数料を安くすると、その分取引の承認が遅くなって相手に着金するのが遅くなります。
逆に手数料を高くすると優先的に出金されるようになります。

 

4.二段階認証を設定している場合は、認証コードを入力します。

 

これで出金手続完了となります。

出金手続きは手続きに少し時間を要します。取引が完了するのを待っていましょう。

 
 

以上、MERCATOX取引所の登録方法から使い方まで解説しました。

MERCATOXは草コインを狙って一発逆転をしたい人にはぴったりの仮想通貨取引所になります。

 

ぜひこの機会にチャレンジしてみてください!

MERCATOXの口コミ

  • 投稿者 匿名
    評価 3星評価

    2020年8月3日

    割とどの銘柄に投資しても稼げる雰囲気があるよね。プロジェクトがしっかり稼働してるのだけはチェックしておいた方がいいけど。

  • 投稿者 匿名
    評価 2.5星評価

    2020年7月27日

    今も頻繁に草コインが上場してきてるよ。まぁ草コインだから一発当てたら大きいから、一発逆転勢にはけっこういいかもしれないね

  • 投稿者 匿名
    評価 3星評価

    2020年7月25日

    そういえばこんな取引所ありましたね。
    けっこう前に盛り上がってたイメージだけど、今はどんな感じなんでしょうか?

MERCATOX(メルカトックス)とは

公式サイト:MERCATOX
取引所名:MERCATOX取引所
設立:2016年
所在地:イギリス
上場通貨数:460種類(2020年7月22日調べ)
取引形式:売買取引
取引高(24時間):¥1,820,195,619 (2020年7月22日調べ)
日本語:非対応
ホワイトペーパー:なし
SNS:Telegram

 

MERCATOXは2016年に設立されたイギリスの仮想通貨取引所。

1日の取引高は約18億円。(2020年7月22日調べ)
コインマーケットキャップのランキングでは「75位」に位置する取引所です。

 

MERCATOXには非常に多くの草コインが上場しています。

特にICOフィーバーだった2017年~2018年にかけては「MERCATOXに最初に上場する」なんてこともよくありました。

 

MERCATOXでは、2020年になってからも新規通貨をどんどん上場させています。

まだ見ぬ仮想通貨と沢山出会う機会があるため、草コインを投資をメインで行いたい人にとってはうってつけの取引所と言えるでしょう。

 

MERCATOXの特徴

MERCATOXは積極的に新しい通貨を上場させます。

つまり、通貨をしっかり選別できれば、少ない投資金でも大きなリターンが狙えるのが特徴的です。

 

2020年Defiブームを牽引している「Chainlink」はもちろん、日本のbitFlyerに上場して話題になった「BAT」などの通貨はすでに上場済み。

これらのような有望な仮想通貨に先行して投資できるのがMERCATOXの魅力です。

 

もし自分で通貨を見極めるのが難しい場合は、急騰仮想通貨を予測するサービスを使うのがおすすめ。

サービスを利用した人の中には「ひと月で1600万円稼いだ」人もいます。

 

利用ユーザーからの評価が高いところを見ると、稼げる期待値は高いでしょう。

「口コミ評価4.27点」クリプトマネージャーの評判

 

MERCATOX取引所には他にも、
・仮想通貨の種類が豊富
・レンディングサービスがある
・セキュリティが厳重

などの特徴があります。

 

仮想通貨の種類が豊富

MERCATOXでは様々な仮想通貨に投資することが出来ます

MERCATOXにはすでに460種類以上の仮想通貨が上場済み。
(2020年7月22日調べ)

 

特に「草コイン」と呼ばれるような、まだ取引高が少ない無名の仮想通貨を多く取り扱っています。

 

草コインは少ない額でも大きくチャートが動いたりするので、ダイナミックな価格変化を楽しむことが出来るでしょう。

 

レンディングサービスがある

MERCATOX取引所では仮想通貨の「レンディング」を実施しているので、

トレードが苦手な人でも資産を増やすことが出来るでしょう。

 

レンディングは持っている仮想通貨を取引所に預けて資産を増やしてもらうこと。

仮想通貨レンディングサービスの仕組み
はじめての仮想通貨レンディングを解説
 

預けるだけで資産を増やしてくれるので、トレードに自信がない人や、仮想通貨をウォレットに入れたまま放置している人は試してみると良いでしょう。

 

セキュリティが厳重

MERCATOX取引所ではセキュリティが厳重になっています。

 

二段階認証はもちろんのこと、ログインする際にはメールアドレスに届く認証コードを入力する必要があります。

これは他の取引所ではあまり見られないやり方。

 

MERCATOXでは何度も本人確認作業を重ねる分、セキュリティは堅牢になっていきます。

他にもMERCATOX運営側でユーザーの活動をチェックしているので、不審な行動が取れないような環境が整えられています。

 

MERCATOXを使いこなす!

MERCATOXを使いこなすためには、新規仮想通貨の上場を見逃さないことです。

取引所に仮想通貨が新規上場する時、他の仮想通貨取引所でも大量に買いが集まることがよくあります。

 

なので、他の取引所よりもいち早く仮想通貨を上場させるMERCATOX取引所で情報をキャッチしておけば、後々大きな値上がりをする仮想通貨を安値で購入できるかもしれません。

 

MERCATOXでは主に公式サイトTelegramで新規上場通貨のお知らせを出しています。

MERCATOXの新規上場通貨のお知らせ

MERCATOXの新規上場通貨のお知らせ

 

新規上場する仮想通貨情報を見逃さないようにして、投資する価値があると判断できれば安値のうちに買っておく。

将来性が高ければいずれは他の取引所にも上場していくようになるでしょう。

 

もし、仮想通貨が出るたびにその仮想通貨について調べていたら、仮想通貨の知識も付くので一石二鳥です。

・新しい仮想通貨を安値で掴む
・様々な仮想通貨について知る

この2つの使い道を通して、MERCATOXを有効利用していきましょう!

 

MERCATOXを利用時の注意点

MERCATOXは草コインを軸に良い点が沢山ありますが、使用時に注意しておきたい点も存在します。

投資前にしっかり確認しておきましょう。

 

流動性が低い仮想通貨がある

MERCATOXには数多くの仮想通貨が上場していますが、流動性が低いものも多いです。

流動性が低い通貨の中には、1日で誰も取引をしないような通貨も。

 

流動性が低いとなかなか取引が約定しません。

投資する前に取引が活発に行われているかどうかを、取引板の様子を見て確認しておきましょう。

 

しかし、仮想通貨の場合は流動性が低いのはある意味チャンス。

自分だけで「チャートを思う様に操作できる」とも取れます。

 

「チャートを操作してイナゴを誘発、釣られて他の人が買いに走ったところを高値で売り抜ける」という戦略も取れます。

MERCATOXのような流動性が低い通貨を取り扱っている取引所では有効な戦略となるので、慣れてきたら試してみるのも良いでしょう。

 

日本語対応していない

MERCATOXは日本語に対応していません。

画面表示は英語表記が基本になります。

 

取引のやり方はシンプルなのでそれほど困ったことは起こらないと思いますが、問い合わせ対応も英語での対応となっています。

 

画面表示だけで言えば「GoogleChrome」の翻訳機能を使えば、割と見やすい画面になるので適宜利用してみましょう。

 

MERCATOXの手数料

MERCATOX取引所は取引手数料が他と比べると若干割高です。

その分、他の取引所では投資出来ないような仮想通貨に投資できます。

 

なので、MERCATOXでは他の仮想通貨取引所に上場していない仮想通貨に投資するのがおすすめです。

 

入金手数料

入金手数料はすべてタダ

入金しても手数料はかからないので、安心して仮想通貨を入金しましょう。

 

出金手数料

出金手数料は仮想通貨によって異なります。

出金する際に手数料分は残高に残しておく必要があるので注意が必要です。

 

■MERCATOXの出金手数料(一部抜粋)
BTC 0.003BTC~0.005BTC
ETH 0.002ETH
LTC 0.015LTC

それ以外の通貨の詳細は公式サイトで確認しておきましょう。
MERCATOXの出金手数料一覧

 

取引手数料

取引手数料は一律「0.25%」かかります。

他の取引所と比べると若干割高に見えるかもしれませんが、短期トレードを繰り返したりしなければ問題ないでしょう。

■取引手数料(参考)
・MERCATOX:0.25%
・MXC取引所:0.2%
・コインチェック:無料
・DMMビットコイン:無料
・ビットフライヤー:0.01~0.15%
・バイナンス:0.015~0.1%

 

MERCATOXの評判

2020年最新のMERCATOX取引所の評判を調査していきます。

 

 

MERCATOX取引所は、草コインを取り扱う仮想通貨取引所として認識されているようですね。

二人目の方が言っている「LINK」は、2020年7月に「939円」まで高騰しました。

Chainlinkの将来性を解説!Googleと提携する期待大の仮想通貨

 

どんな仮想通貨も最初は無名です。

MERCATOXでそのような掘り出し物を見つけるのは面白いかもしれませんね。

 

将来性の高い通貨を見つけることが出来れば、大きく稼ぐことも可能です。

 

MERCATOXに上場して話題になった通貨の紹介

MERCATOXの取り扱い通貨は460種類。

ビットコインやイーサリアム、リップルなどのメジャーな仮想通貨はほとんど網羅されています。

 

MERCATOX取引所には草コインもたくさん上場しています。

特に日本国産の「なんJコイン」は、初めてMERCATOX取引所に上場して話題を集めました。

 

MERCATOX取引所では、2020年に入ってからも続々と新しい銘柄が上場し続けています。

詳細はMERCATOX公式テレグラムでチェックしておきましょう!

 

■上場しているコインの詳細
MERCATOX上場通貨一覧
MERCATOXのペア一覧

 

通貨の紹介① なんJコイン

なんJコイン

なんJコインは日本の2ちゃんねるから生まれた仮想通貨です。

そのため、初めての上場先であるMERCATOX取引所は日本からの注目を集めました。

 

現在もなんJコイン取引の99%はMERCATOXが占めています。

なんJコインが欲しい人はMERCATOXで購入を検討した方がよいでしょう。

 

通貨の紹介② NINJA COIN

忍者コイン

NINJA COINも日本発の仮想通貨プロジェクトで誕生した仮想通貨です。

「旅行者の格差をゼロにする」という目的で作られ、決済サービスとしての役割を期待されています。

 

しかし、2020年6月4日に「NINJA COIN」のプロジェクトは中止となってしまいました。

 

口コミ投稿フォーム

よく比較されるページ