ベルコインの最新情報について

ベルコインの詳細情報

総合評価: 0.5星評価 0.84 

口コミ総数:73件

満足度 0.5星評価
将来性 0.5星評価
期待値 0.5星評価
【目次】

ベルコインの最新情報

5月になっても出金の音沙汰無し

2020年2月に始まったベルコインから出金がされない問題。

未だに解決の糸口が見えていません。

アンケートによると「90%以上の」人がまだ”出金”完了していない状態

5月時点ではある程度の解決がされる予定でしたが、これほど多くの人が出金できていないのは異常です。

■出金遅延についてアナウンス

出金できる時期についてグループごとに分けます。

・ICOに参加していないグループは①
・ICOに参加していてマルタ取引所時代に取引履歴があるグループは②
・ICOで多くのBLLを(間違って)付与されたグループは③

■出金時期
①のグループ 3月中旬から出金開始
②のグループ 4月から出金開始
③のグループ 5月から出金開始

 

そんな中、ベルコインは公式ホームページを更新。

ベルコイン_TOB遅延
(引用:Bellwood公式HPより)

■要約
・VFA(マルタ国の暗号通貨金融資産法)に伴い、セキュリティの強化を行う必要がある
・コロナウイルスの影響で金融市場の環境が悪化
・マネーロンダリング対策、システム構築費用を捻出しなければならない
・6月までに対応する予定だったTOBを無期限延期
・入国禁止が解除され次第、またプロモーションを行う予定

(全文訳はこちらをクリック)
ベルウッドは、他社のVFAの流出を背景に警備強化を余儀なくされている。

TOBの支援に力を入れてきました。

しかし、CODIV-19の影響が解消されていないことから、金融市場の市場環境が悪化し、市場はシュリンクしています。

マネーロンダリング対策のためのシステム構築費用の増加や、推進国における入国規制の強化などにより、当初予定していたTOBへの資金提供が延期されるとの結論に至りました。

つきましては、当初お客様にお知らせしておりました6月までの対応予定を変更し、対応の見通しが立つまで延期させていただきます。

入国禁止が解消され次第、プロモーションを開始する予定です。

お客様にはご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

ベルウッドWE TEAM

 

TOB対応も問題ですが、今も出金できない状態の方が深刻です。

取引所で保有している通貨を元に戻すだけのはずが、なぜできないのか・・・?
 
この状況を見てみると、ベルコインに出金できるだけの資金が無くなっているように見えます。
 
 

無名海外取引所を利用する危険性

やはり、ベルコインのような無名の海外取引所を利用するのは危険が付きまといます。

特に日本人しか対象にしていないような取引所は避けましょう。

 

アルトコインで大金を狙う場合は取引所に上場している通貨に投資することが大事。

 
ベルコインで失った資金を今すぐ取り返したいという人は「仮想通貨詐欺からの救済」を信条にしているサイトに相談するのもアリです。

利用ユーザーの8割が高評価をしている点から、解決の糸口になってくれるでしょう。

「資金を元に戻せた!」クリプトマネージャーの評判

 

 
これまでに調査した内容は↓から参照してください。
 

↓クリックで開閉↓

【2020年4月26日】今後、出金の見込みはあるのか
 
あんなに期待していたのに、利益どころか出金さえできないなんて・・・
 

依然続くベルコインの出金問題。

被害総額は「10億円」以上、被害者の数は「300人」を超えています。
 

どうしてベルコインへの投資は失敗してしまったのか?
 

最新のベルコインの状況を整理し、自分がどう行動すれば良かったのか振り返ってみましょう。

2020年4月26日時点の状況

まず、現在のベルコインの状況を簡単に整理します。
 

・300人以上が出金できていない
・小額のBTCなら出金できた人がいる
・ベルウッド取引所で「BLL/BTC」のペアが存在しない
・ベルコイン以外の通貨ペアも取引されていない
 

出金問題は2020年2月から発生

約2か月半もの間、多くの人が出金できない状況に陥っています。

 

SNS上では「出金できた!」と言っている人も見かけますが、1BTC未満の少額しか引き出せていないようです。

数百万円単位で投資していた人たちには何のアナウンスも無い。
 

ここから察するにベルコインは、明らかに資金を持ち逃げする準備に入っています
 

「預けている資金を出金するだけ」なのに、なぜこんなに時間がかかるのか?

 

現状、ベルコインは「限りなくクロ」に近いと言わざるを得ません。

ベルコインの罠
 

限りなくクロに近い詐欺案件なのに、どうしてベルコインに投資をしてしまったのでしょうか?
 

ベルコインは少なくとも「10億円以上」を集めた仮想通貨プロジェクトでした。

それだけ多くの人が期待していたのです。

 

では、なぜベルコインに期待が集まったのか?
 

その理由を知ることは、今後、投資先を見定めるのに役立つはずです。

インフルエンサーの魔力
 

まず認識しておきたいのは「インフルエンサーがおすすめしている=良い案件」ではないということ。
 

ベルコイン投資は「ニートトレーダーユウ」という人に紹介された人が多く占めています。

ベルコイン-ユウ

「ニートトレーダユウ」のTwitterフォロワーは7,000人以上、youtubeチャンネルは5万人以上の登録者がいます。

ベルコインは”カリスマトレーダー”として名を馳せている人が紹介してきた案件。
 

しかも、「あなただけは損をさせない」とまで言う。

この誘い文句に魅力を感じた人は多いでしょう。

 

しかし、実際には稼げるどころか大きな損失を被ることに

たとえ支持者が多かったとしても、「信頼しすぎるのは危険」と理解しましょう。

 

実態の無いチャート

聞いたこともない取引所で売買するのは危険」です。

ベルコインの信ぴょう性を高めた要因の一つに「ベルウッド取引所のチャート」があります。

BLLチャート
(引用:Bellwood取引所より)

これは、ベルコインがプレセール価格から「9倍」に跳ね上がった際のチャート。
 

このチャートを見て、多くの人は

すごい!本当に急騰してる!

と思ったはず。

 

しかし、後から振り返ってみると「チャートは作られているのでは?」という疑惑が次々に出始めます。

ベルコイン-操作
 
ベルコイン-操作2

やはり、チャートは運営で意図的に操作されたものなのでしょう。
 

そもそもベルウッド取引所は、日本人くらいしか利用していないドマイナーな取引所。
 
ここではチャートの操作も、表示画面を変更するのも不可能ではありません。
 

ベルコインから得た教訓

今回のベルコイン投資からは「誰かに運用を任せる投資は危険」という教訓を得られたと思います。

 

良い投資先を探してきて投資を行うのは当然の行為。

投資家なら誰でもやっていることです。

 

ただ、ベルコインは「自分の資金がどうなっているのか把握できない」のが良くなかった。

 

せっかく良さそうな案件を見つけても、

「裏で何が行われているのか分かったもんじゃない!」ということ。

 

これからの仮想通貨投資で大事にしていきたいのは次の2点。

・自分の手で投資をする
・無名の取引所では売買しない

 

投資金を自分でコントロールし、多くの人が利用している“本当に信頼できる取引所”で売買をする。

 

この2つを守れば、少なくとも出金できないなんてことは起こらないでしょう。

 

ベルコインの今後の展望

ベルコインはこのまま運営が飛ぶ可能性が高い案件です。

持っているベルコインについても、他の取引所に上場したからと言ってすぐに値が付くようなものではありません。

もし、ベルコイン返金の可能性を探るなら、被害者たちが集まるOPENCHATがあるので情報交換するのも良いでしょう。

ベルコインのOPENCHAT

ベルコインについては引き続き、進捗があり次第更新していきます。

ベルコインから出金の動きがない
(2020年3月26日更新)
 

ベルコインがSNS上で(悪い意味で)話題になっています。
 


 


 

ベルコインから全く出金される様子がない
 

以前のアナウンスでは、グループ1に所属している人は3月中旬から出金開始していたはず。しかし、現状は全然動きがないようで、ユーザーも不安がっています。
 
そこで、EtherScanで再びベルコインの状況を確認。
 
ベルコイン取引履歴
(引用:EtherScanより)

 
 
現在のBLLの状況は、1ヵ月前に調査した時と全く変わっていませんでした。
 
少なくとも、BLLが動いた形跡はありません。
 

ユーザーにビットコインを返金する際、考えられる動きとしては以下の通り。

①ベルコインを取引所に戻す(トランザクションの生成)

②運営がビットコインを送金する

③ユーザーにビットコインが着金する

 

前回に着金報告があった際は、①でトランザクションが承認された後に、ビットコインの送金も行われていたようです。
 
それが全くの音沙汰無しというのはちょっと気になりますね。
 
「取引所に幽閉されているビットコインを出金したいだけ」なら、ベルコインに動きが無いのも分かるのですが、この状況はどうなのでしょうか・・・
 
取引所としてすでに破綻していることを考えると、ベルコインに期待するのはやめておいた方が良さそうです。
 

 

 

ベルコインの出金は2020年6月までかかる見込み
 

ベルウッド取引所のアナウンスで、ベルコインの出金は2020年6月までかかることが判明しました。
 

ベルコインの出金遅延について
(引用:公式サイトより)
 

内容のまとめ

■出金遅延についてアナウンス

出金できる時期についてグループごとに分けます。

・ICOに参加していないグループは①
・ICOに参加していてマルタ取引所時代に取引履歴があるグループは②
・ICOで多くのBLLを(間違って)付与されたグループは③

■出金時期
①のグループ 3月中旬から出金開始
②のグループ 4月から出金開始
③のグループ 5月から出金開始

全ての出金完了は6月を予定

 

もはやベルコインは、既に取引所として破綻しています。
 
こんなにも出金に時間がかかり、メンテナンスばかりしている取引所がまともな運営をしているとは思えません。
 
本当に6月まで継続しているのかどうかも怪しい所です。
 

ベルコインから出金できている?
(2020/2/18 更新)
 
ベルコインから出金できている人をツイッター上で確認できました。
 

出金できた人は以下サイトからも申請を行ったようです。
https://creativesurvey.com/ng/answers/4d6b97fd9f57bd5f0ffa2fe66d1586
 
ベルコイン出金

 
このサイトが何なのかというと、ベルウッド取引所が以前発表していた出金申請用のURLでした。

ベルウッド取引所申請フォーム
(引用:Bellwood取引所より)

以前も検証しましたが、なぜ別のフォームを経由する必要があるのか分かりません。

さらに、ベルウッド取引所はまたメンテナンスに入ってしまい、ほとんど取引が行われていない状態になっています。

未だ出金できない人も多いようなので、やはり投資は慎重に見ておいた方が良いでしょう。

ベルコインは流動性が低すぎる

(2020/2/10 更新)

ベルコインのデータを調査したところ、2つの不安が浮かび上がりました。

ベルコインの不安① 流動性の低さ

ベルコインはERCベースのトークンなので、Etherscanから情報を確認することが出来ます。

調べてみた結果、ベルコインの90%近くを一人のホルダーが持っていることが判明。
 
BLLホルダー
(引用:Etherscanより)
 

さすがに個人とは考えられないので、取引所のアドレスでしょうか。

それにしたって、90%近くを一人のホルダーが握っているのは流動性が低すぎます

これでは、「通貨の安定」からは程遠い。

市場ではなく一人のホルダーによって価格の操作が行わる可能性があるため、用心しておきましょう。

 

ベルコインの不安② トランザクションの生成が遅すぎる

ベルコインは取引の承認が行われるのが遅すぎます

BLLハッシュ

確認してみると最新の取引が行われたのが5日前。それ以前も1日空いたり、4日間空いたりと全然取引が承認されていないことが分かります。
 
出金ができない(遅れている)のも、このように対応が間に合っていないからなのでしょう。
 
少なくともベルコインを継続して利用できるような体制にはなっておらず、この先も利用が拡大される見通しが付きません。
 

以上、ベルコインの不安な点を挙げました。

ネットではかなり煽られているようですが、ベルコインへの投資は冷静な目で判断するようにしてください。

 

ベルコインへの出金申請メールの例文

(2020/2/5 更新)
サーバートラブルで取引が停止していたベルコインは、2020年2月4日から取引が再開されました。
 
現在の価格は約250円程度を推移しており、依然IEO価格の100円を割っていない状況です。

しかし、多くのユーザーが「出金できない」という悩みを抱えているようです。

取引が出来たとしても、出金ができなければ何の意味もありません。

■ベルコイン出金申請について
出金がされない場合は、ベルコイン運営に直接催促をするのが一番早いようです。

例文を作成しましたので参考にしてみてください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
運営に出金申請を催促するメール(例)

宛先:info@bellwoodmalta.com
件名:Bitcoin withdrawal delay
本文:Dear Bellcoin Management Team
I applied for Bitcoin withdrawal three days ago.
However, no withdrawal has been made yet.
The bitcoin address of the remittance destination is below.
(BTC destination address)

I would really appreciate it if you could deal with these matters
Thank you.

Name

■訳
親愛なるベルコイン運営チーム
私は3日前にビットコインの出金申請をしました。
しかし、まだ出金が出来ていません。
送金先のビットコインのアドレスは下です。
(BTC送付先のアドレス)

この問題に早めに対応いただけますと幸いです。

名前

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

しかし、出金が全然できないというのは取引所としてどうなのでしょうか・・・
 
やはり、取引所に左右される投資案件だと不安ですね。
 
すでに大手取引所に上場している通貨で投資を行えば出金・送金もスムーズに行えるためオススメです。
 
たった2週間734万円もの利益を獲得できた情報サイトもあるようなので、まだまだ稼げるチャンスは存在しています。

ベルコインはプレセール価格から9倍に高騰か
(2020/1/31 更新)

ベルコインがBellwood取引所(サモア)に上場し、最高値は900円近くになり、プレセール価格の100円から約9倍もの値上がりを見せました。
 
BLLチャート
(引用:Bellwood取引所より)
 

しかし、現在はBellwood取引所のサーバーメンテナンスのため、取引は全面的に停止中。

Bellwood取引所メンテナンス
(引用:Bellwood取引所より)
 
再開の見込みは、日本時間の2020年1月31日12時頃からと予想されています。(※サモアは現在サマータイム中で、日本が5時間遅れる時差が発生。)
 
取引が再開された後は、また買い圧力・売り圧力が強くなり、今回のチャートのように凸凹のチャートになりそうですね。

Bellwood取引所の出金・引き出しの申請方法が意味不明

Bellwood取引所が拠点を移して活動再開したのは良かったですが、

出金、申請方法がよく分からなくなっています

BLL出金
 

どうやら、「出金をしたければURLにアクセスして、必要事項を記入して欲しい」ということを言いたい様子。
(そもそも、英語が怪しいんですが大丈夫でしょうか・・・)
 
そこで、記載されているURLにアクセスしましたが、「ページが見つからない」と弾かれてしまいました。
 

BLL出金方法の不可解さ
 
 
どうやらこのページは「クリエイティブサーベイ株式会社」が提供するアンケート機能の画面のようです。
 
なぜ、出金絡みの話で他社が提供するアンケートへの回答が必要になるのかよく分かりません。
 
これでは、「個人情報を集めたいのでは?」と疑いをかけられても無理ありません。
 

なぜ、急にBellwood取引所がアンケートを取ろうとしてくるのか。
 
急騰したことに目が行きがちですが、警戒はしておいた方が良いでしょう。
 
 

ベルコインは1/30 19:00にBellwood取引所(サモア)に上場予定
(2020/1/30 更新)
 
ベルコインが再上場することが決定しました。
 
ベルコイン再上場決定
(引用:BW-Projectより)
 
日本以外にも、中国・韓国・バングラデシュでも活動を広める予定です。
 

ベルコイン再上場の理由

(引用:2020ベルコインCHATTYどうなる?より)
 

実際に上場するのは日本時間 1/30 19:00頃。
 
ベルコイン再上場に伴い、マルタからサモアのBellwood取引所に移行します
 
 
理由としては、マルタ金融庁から業務改善命令を受け、より柔軟に活動が出来る他の国に移るため。
 
この機会に、これまで出金が止まっていた問題も一気に解決する見込みのようです。
 
 

 
ベルコインは上場前にプレセールを行いました。(2019/12/27~2020/1/31 ※完売につき早期終了)
 
BLLプレセール
(引用:Bellwood取引所より)
 
1BLLあたり約100円の価格設定だったものの、速攻で完売しています。

それだけ、ベルコインの上場に期待が高まっているということでしょうか。
 
2020/1/30に上場した後は「100円以上」の値を期待したいところですね。
 
 
今後のベルコインの動きは、Bellwood取引所が新しいロードマップの公開とともに発表されるでしょう。
 
新しいロードマップのリリース予定は2020年の12月中
 
かなり先延ばしになっているようで若干の不安が残りますが、まずはベルコイン上場後の価格について注目しましょう。
 

 

 

ベルコインの口コミ

  • 投稿者 情弱 養分
    評価 0.5星評価

    2021年6月18日

    送ったBTCすら返しません 99、9%詐欺ですね

  • 投稿者 匿名
    評価 1星評価

    2020年6月15日

    コロナの影響とか、木村花さんの件で誹謗中傷で反論してくるけどさ、先にルール破ったのそっちじゃんね
    何をもって正義振りかざそうとしているのか意味不明。なんでも関連付ければいいってもんじゃないだろ

  • 投稿者 匿名
    評価 0.5星評価

    2020年6月15日

    この期に及んでどんだけ保身したいんだよ・・・・・

  • 投稿者 匿名
    評価 0.5星評価

    2020年6月15日

    ニートトレーダーユウはベルコインの出金問題で警察に行ったんじゃなくて、ベルコイン関連で自分を批判している奴を名誉棄損で訴えられないか警察に相談しに行ったらしいよ。

  • 投稿者 匿名
    評価 1星評価

    2020年6月12日

    ニートトレーダーユウこと天内祐紀はベルコイン被害者から自殺者が出たことについてどう思ってるんだ?まさかこのまま知らぬ存ぜぬで通せるとでも思ってるのだろうか?

  • 投稿者 匿名
    評価 2星評価

    2020年6月11日

    運営陣の「とにかく何が何でも出金させない」という意思がすごく伝わってきますね。かなり長めの出金制限を設けたり、取引所のお問い合わせホームからわざわざ出金申請させていましたからね。自転車操業で金が無いのはバレバレです。

  • 投稿者 匿名
    評価 0.5星評価

    2020年6月11日

    もうベルコインはこのまま出金できずに、投資家たちから呆れられ、あるいは激怒されて、評判もどんどん右肩下がりでダメになるでしょうね。ここに関わっている以上、誰も幸せになれません。とにかくひどい案件です。

  • 投稿者 匿名
    評価 1星評価

    2020年6月10日

    ベルコイン被害者の叫びを聞いててウィズコインを思い出した。弁護士も全く頼りにならず集団訴訟も掛け声だけに終わって、松山光市と情報商材屋が大儲けして悪が栄えた最悪の案件だった。ベルコインは紹介者とは多少連絡が付くみたいだからあれよりはましか?

  • 投稿者 匿名
    評価 1星評価

    2020年6月9日

    なんでもかんでもコロナのせいにしている感あるな
    リモートでもなんでもちゃちゃっと承認して欲しんだけど

  • 投稿者 匿名
    評価 0.5星評価

    2020年6月8日

    1ヶ月以上も音沙汰が無ければ、誰だって飛んだと思いますよ?飛んでいないなら、ちゃんとアナウンスをして安心させてほしいものです。それすらできないなんて、私にはユーザーをコケにしているとしか思えませんね。

ベルコインとは

ベルコインとは、仮想通貨取引所の「Bellwood」が発行する仮想通貨です。
 
ベルコインはビットコインとの交換や、オンラインショッピングなどで利用することができます。
 

ベルコインの特徴

ベルコインには、ビットコインと交換が出来るほかに、ベルコインならではの特徴があります。

①ICO割れした仮想通貨を高額買取

ベルコインはICO割れした仮想通貨を高額買取してくれます。
 
具体的にはベルコインと交換出来る仮想通貨である必要があり、もし交換が可能なら仮想通貨と引き換えにベルコインを受け取れます。
 
■これまでに高額買取した実績のあるコイン
・LTC ・EOS ・XRP
・BCH ・TRX ・ETC
・DASH ・ZEC ・XLM
・DOGE ・QTUM ・BSV
・NEO ・XMR ・ONT
・ADA ・XEM ・DGTX
・VET ・WAVES ・REP
・BTG ・LSK ・STRAT
・ICX ・OMG ・STEEM
・XTZ ・ENJ ・WIKI
・BTS ・BMC ・BNT
・SC ・LOC ・BCN
・KBC ・BTM ・ROX
・DGB ・ARDR ・BNB
・CHSB ・BAT ・GNT
・EDO
 
(引用:ベルコインで買取可能な通貨一覧より)
 
 
持っている通貨の将来性に不安を感じている人にとっては、嬉しい制度ですね。
 
交換したベルコインをビットコインなどの主要通貨に変えれば、損失を抑えられるかもしれません。
 
 
ただ、ひとつ疑問があります。
 
それは、ベルコイン側にメリットを感じられない点
 
もしICO割れした仮想通貨が今後上がっていくならば高額買取しても問題はありません。

しかし、ICO割れしたコインの価格がそのまま上がらない場合は、負債を買い取っているだけになります。
 
ベルコインを広く流通させることが目的だとしても、かなり不利な取引になっているように見えますが・・・
 

②オンラインショッピングサイトで利用できる

 
ベルコインは株式会社Chattynessが展開するオンラインショッピングサイト「CHATTY(チャッティ)」で利用することができます。
 
CHATTY
(引用:CHATTYより)
 
Chattyは「一番安い」を目指しているショッピングサイトで、日用品を中心に展開しています。
 
 
■追記 2020年1月28日
 
2020年1月28日現在、「Chatty」はサービスが停止しています。
 
サイトリニューアルのお知らせが2019年5月15日にアナウンスされて以来更新が途絶えているようで、品物を購入することができません。
 
 

③無料でFXの自動売買ツールが利用できる

 
ベルコインを持っていると、証券会社「WB Forex(フォレックス)」が提供している「FXの自動売買ツール」を無料で使うことが出来ます。
 
WBFOREX

(引用:WB Forexより)
 
WB Forex社とBellwood取引所はパートナー協定を結んでいる様子。
 
仮想通貨を持っているだけでFXの自動売買ツールを無料で利用できる特典が付くのは、ベルコインが初かもしれません。
 

ベルコインの価格は?

 
ベルコインがICO(プロジェクト資金を集める仕組み)を行った際の価格は10円前後。
 
ベルコインがBellwood取引所に上場した後は価格が40円にまで到達し、約4倍近く価格が上昇しました。
 
その後もICO価格をほとんど割ることなく10円前後で推移しており、比較的安定しています。
 
 

ベルコインは出金できない?

 
現在、ベルコインは「申請しても出金できない」問題を抱えています。
 


 
 
そんな中、ベルコインが2020年1月30日にサモアのBellwood取引所に上場するニュースが入ります。
 
 

 
サモアに引っ越す代わりに、マルタの取引所からは撤退をするようです。
 
これでベルコインの出金がスムーズに行えるようになったら良いですね。
 
 

ベルコインウォレットとは

ベルコインウォレットとは、ベルコインを保持するために必要なもので、Bellwood取引所が提供しているサービスです。
 
ベルコイン以外にもビットコイン、Chatty(チャッティ)を保存することが可能で、他の仮想通貨にも随時対応していくとのことです。
 

Bellwood(ベルウッド)取引所とは

 
Bellwood取引所とは、マルタにある仮想通貨取引所のこと。
Bellwood取引所
 
Bellwood取引所は、唯一ベルコインを扱っています
 
ベルコインを購入したい人にとっては、現状Bellwood取引所以外の選択肢がありません
 
■Bellwood取引所で売買できる通貨ペア
・(BTC/ETH)
・(BTC/MONA)
・(BTC/XRP)
・(BTC/COM)
・(BTC/CNZ)
・(BTC/BLL) ※現在、対応不可
 
 
■Bellwood取引所で購入可能な通貨ペア
・(BTC/BOSSC)
・(BTC/GOMA)
 
 
■Bellwood取引所で行われているIEOセール
・BLL 2019/12/27~2020/1/31( 予定数完売につき、募集終了)
・BLLP_BOSS 2019/11/25~2020/1/1(期間終了につき、募集終了)
・ANC 2019/11/29~2020/2/29
 
 

espo(エスポ)とは

 
espoとは様々なコンテンツ(ニュース・ゲーム・動画、ショッピングなど)を提供しているサイトのこと。
espo
 
 
今後ベルコインはespoでも使用できるようになる予定です。
 

ベルコインのまとめ

ベルコインはICO割れした通貨を高額買取するという、他の仮想通貨には無い特徴を持っています。
 
「出金が遅れる」という問題点を、今回の再上場でクリアすることができるか。
 
再上場後の値もプレセール時よりも維持できるかに注目です。
 

口コミ投稿フォーム

よく比較されるページ