ジュビリーエースの実態を徹底追及!「元会員」が話す真実とは

ジュビリーエースの詳細情報

総合評価: 2.5星評価 2.7 

口コミ総数:267件

満足度 2.5星評価
将来性 2星評価
期待値 3星評価
【目次】

ジュビリーエースの実態を徹底調査!

ジュビリーエースは月利「20%」の仮想通貨アービトラージの投資商品です。

「月利20%」という一見すると高すぎる利率に「本当に大丈夫なのか・・・?」と思う人が後を絶たない状況。

 

実際ジュビリーエースは「飛ぶ間近」である可能性があります。

その理由、評判について見て行きましょう。

 

(元会員からの生の口コミも頂けましたので、投資検討の参考にしてみてください)

 

ジュビリーエースは年内に飛ぶ

■2020年10月12日追記

ジュビリーエースは年内は飛ばずに稼働し続けると予想しています。

ジュビリーエースが年内に飛ぶ可能性が出てきました。

 

現在、ジュビリーエースは出金を制限中

11月末まで出金できません。

 

主な原因はシステムトラブル。

約2か月間も出金対応をしないのは異例です。

 

急に出金を制限するのは仮想通貨投資案件が飛ぶ前によく見られる兆候。

似たような案件の「プランスゴールド」も同時期に出金が停止しています。

 

プランスゴールドも飛ぶと噂されている案件。

ジュビリーエースが11月末に飛ぶのも十分にありえます。

 

好調そうに見えたジュビリーエース

9月頃のジュビリーエースはJENCOの発表で「大盛況」でした。

(クリックで開閉できます)

JENCOとは何か?

 

ジュビリーエースのJENCO

JENCOとは「Jubilee Energy Commodities」の略で、金や原油などの先物取引のほか、FXや株式市場にもトレードを展開していく商品です。

 

元々のジュビリーエースと違うのは、1万ドルプランに参加すれば利益を5倍まで受け取れるという点。

受け取れる利益は3倍まででしたから、大きな変更になっています。

■2020年8月20日追記

ジュビリーエース新プランの「JENCO」のサイトがオープンしています。

JENCO

サイトのURLは「http://jenco.team/」。

見て分かる通り、HTTPS化されていません。

 

サイトはユーザーの情報を守るために、HTTPS化(暗号化)するのが常識となっています。

特に資産運用をするサイトなら絶対守るべきもの。
HTTPS化していないとデータ通信が外部から覗けてしまうので、ユーザー情報の流失などに繋がる恐れがあります。

 

JENCO公式が作成したサイトかは定かではありませんが、少なくとも用心した方がいいのは事実でしょう。

 

■2020年9月9日追記

「レンディングサービス」と「ローンサービス」が開始しています。

 

●レンディングサービス
JENCOに仮想通貨を貸し付けて年利を貰う方法。

15日間…0.08%
30日間…0.1%

 

●ローンサービス
ローンサービスはアービトラージにレバレッジをかけて大きな資金を運用する方法。
4倍、3倍、2倍までレバレッジをかけることが出来ます。

 

どちらとも資金をJENCOに預けて運用する形なので、興味がある人は自己責任で行うようにしましょう。

 

また、2020年10月8日には独自通貨であるアクアナイトも海外取引所のWhiteBitに上場。

アクアナイトのチャート
(引用:WhiteBitより)

WhiteBitは1日の取引高200億円以上の海外仮想通貨取引所です。

 

BIKI取引所にもアクアナイトの広告が掲載されています。

アクアナイトがBIKIに上場予定

アクアナイトについてはこちらの記事を参照。
アクアナイトは稼げるのか徹底調査!

 

JENCO、アクアナイトと羽振りが良さそうに見えたジュビリーエース。

「今後も稼げる」と期待したユーザーからは、多くの資金を集めることに成功しているはず。

 

少なくとも、今から追加で入金するのは危険です。

出金停止問題が落ち着くまでは様子を見守っておきましょう。

 

元ジュビリーエース会員
「ジュビリーエースが飛ぶんじゃないか?」という噂は勧誘者であれば一度は聞いたことがあります。実際、「たぶん飛ぶと思うから早めに出金はしてね」とダウンの人に声をかけているアップがいることも知っています。ただ、具体的にいつごろ飛ぶかまでを明言している人はいないと思います。JENCOのように高めの投資金が必要になるプランを新規発表した直後なので、集金してすぐ飛ぶことは無いと周りでは言っていますね。今のうちにちょこちょこ出金をしておくことが大事だと思いますよ。

 

 

ジュビリーエースの実態を示す11の事象

ここからは、ジュビリーエースの実態が知れる「11の事象」を見ていきましょう。

 

①東京海上日動の保険はウソ
②forbes掲載は広告費を払って載せている
③収益を本当に上げているか分からない
④アービトラージでは多く稼げない
⑤MLMを採用している
⑥海外サイトで詐欺認定されている
⑦アカウントを売る人物が現れ出した
⑧入金を増やせと迫ってくる
⑨独自通貨アクアナイトは無謀な計画
⑩インフルエンサーが注意喚起を行う
⑪ロードマップがガバガバ

順番に説明していきます。

 

①東京海上日動の保険はウソ

ジュビリーエースの勧誘文句として、

・東京海上日動の保険が付くから安心!
・ロイズオブロンドン(世界的な保険会社)の保険にも加入予定!

というものがあります。

 

しかし、ジュビリーエースに保険は無い

セミナーで言った「東京海上日動火災保険や、ロイズオブロンドンクラスの保険会社との契約を”検討している”」と発表した箇所が切り取られて拡散されてしまったようです。

 

勧誘される側からすると「東京海上日動が付いているなら安心できるな」と思って、信じ込んでしまいそうなもの。

だからこそ勧誘する側は良く聞こえるように伝えてきます。

 

ちなみにこの保険の話が上がったのが2020年4月頃。

半年ほど経ちましたが、未だにどこの保険会社との契約もされていません。

 

元ジュビリーエース会員
保険の話は過激な勧誘者が勝手に言っているだけで、まともな勧誘者は言っていないと思います。私は最初に勧誘を受けた時「保険会社と契約するかもね」くらいに言われました。今はもう公式も否定している話なので、未だにその勧誘文句で誘ってくる人は疑った方がいいと思いますね。単純に紹介者を出したいだけの人でしょうから。

 

②Forbes掲載は広告費を払って載せている

ジュビリーエースの勧誘文句で次に多いのが「Forbesに掲載された!」というもの。

Forbesは様々なビジネスの情報が載っている世界的な経済情報誌。
Forbesに記事が載れば世界中のビジネスマンの目に留まることになります。

 

実は、Forbesは広告費さえ払えば記事を載せてもらえます

 

ジュビリーエースはForbesに載ったことで、間接的に「Forbesに認められた!」という認識になっていますが、実際はただの広告記事でした。

ジュビリーエースの広告掲載

 

広告記事なのでジュビリーエースがForbesに認められたということではありません。

 

元ジュビリーエース会員
Forbesも保険の話同様、相手を安心させるために話している勧誘者はよく見かけました。問い合わせを受けると「Forbes掲載の話って本当ですか?」っていうのが何度の来てたので、それだけ心をつかみやすかったのかなと思います。ですが、実際は広告費を払って掲載しているという話でして、「Forbesに広告費を出せるだけの資金力があるよ」という話として受け取ればいいと思いますね。

 

③収益を本当に上げているのか分からない

ジュビリーエース(日本版)がHPに「AQUA公式レポート」というものがあります。

AQUA公式レポート

これは、月ごとにどれだけの収益率だったのか、利益をどれだけ出したのか報告するレポートです。

 

利益が公開されている暗号通貨のレポート数値を元に表を作成。

ジュビリーエース 暗号資産部門の売り上げ

 

右肩上がりの素晴らしい成績です。

ただ、利益はすぐに還元されていない

 

実際、「配当が下がっている」「出金まで時間がかかるようになった」という声はたくさん上がっています。

このデータが真実であれば配当利回りは大きくなっていくのが当然の流れ。

しかし、実際には配当が下がっている・・・

 

結局、何を信じればいいのか分からない状況になっています。

(AQUAレポートに関しても、なぜか日本版のものしか公開がありません。本社公式ホームページにも無いのはなぜ・・・?)

 

元ジュビリーエース会員
収益については本社が出しているものを信じるしかない状態でした。継続して収益が上がっていることは分かっていたので、それを信頼する形です。ジュビリーエース本体の決算書などは見たことは無いですね。

 

④アービトラージでは多く稼げない

ジュビリーエースは主に自社システムの「AQUA」を用いたアービトラージで収益を出しています。

 

アービトラージは、負けない投資ではありますが稼げる投資ではありません

 

アービトラージは取引所間の価格差を利用して収益を出す仕組み。

アービトラージの仕組み

 

理論的には「安く買って高く売る」をシステムが勝手にやってくれるので、負けることは無い。

 

ただ、多くの利益を得られないでしょう。

なぜなら、取引所間で価格差が出ることはそうそう起こらないからです。

 

そんなにしょっちゅう大きな価格差が生じる取引所は、ユーザーから信頼を失って利用者が少なくなることは当たり前の話。

 

もし、そこまで優秀なアービトラージシステムがあるなら、銀行から資金を借り入れて自分たちで回した方が遥かに効率的ですよね。

 

元ジュビリーエース会員
アービトラージシステムはセミナーで実演しているところを見せてもらえます。バイナンスの取引履歴まで詳しく調べたことは無いのですが、セミナーで見ている限りは機能しているように思います。実際、振り込まれてたことを考えるとシステムはきちんと動いていると思いますよ。

 

⑤MLMを採用している

 

ジュビリーエースはMLMを用いています。

MLMはマルチレベルマーケティングの略。
紹介すればするだけ、紹介した人に利益が還元される仕組みのことです。

ジュビリーエース報酬制度

 

MLMで広がる仮想通貨投資案件は危険

 

運営が飛んだ案件に共通しているのは、

・MLMを用いた宣伝活動を行っている
・ポンジスキームの構造をとっている

ということです。

 

ポンジスキームはユーザーから受け取った投資金を、他のユーザーに配当として分け与える構造をとります。

実際には何も運用しておらず、資金を横流ししています。

 

仮想通貨投資では、このMLMとポンジスキームの合わせ技を使った詐欺が90%以上。

その中でも、ジュビリーエースは泉忠司や玉井暁といった業界での評判が悪い人物も推している案件。

玉井暁について徹底調査!これまでに関わってきた案件の実績は?

 

確かにポンジスキームは初期に参加していれば、先行者利益を得ることもあります。

なので「ジュビリーエースで稼げた!」と言っている人全員が嘘を言っている訳ではありません。

 

ただ、ジュビリーエースは2018年から始まっているので、もう既に先行者利益は残っていないと見た方が良いでしょう。

 

元ジュビリーエース会員
MLMを使っていること自体はそんなに悪いものではないと思っていました。ジュビリーエースがここまでの広がりを見せたのはMLMの紹介制度あってのものだと思うので。ただ、一部の自分の利益のことしか考えていない勧誘者が、あること無いこと言って騙すような形で紹介してしまったのは悪いと思っています。実際、まだジュビリーエースは飛んでいる訳ではないので、被害者がいるわけではないのに、ここまで悪評が広がっているのはそこが原因ではないかと思いました。

 

⑥海外サイトで詐欺認定されている

ジュビリーエースは海外サイトで「ポンジスキーム」という認定を受けています。

ジュビリーエースが外国でポンジスキーム認定
引用:behind MLM

 

記事には、
・ジュビリークレジットの正体が不明
・アービトラージ収益が紹介者報酬を上回っている証拠を提出できていない

などの理由が挙げられており、最終的に飛ぶ可能性が高いと指摘しています。

 

元ジュビリーエース会員
海外サイトで詐欺認定されていたことは初めて知りました。確かに指摘通り説明できない箇所も多いのは間違いないです。ジュビリーエースが決算書などを出せばすぐ解決はすると思いますよ。

 

⑦アカウントを売る人物が現れ出した

ジュビリーエースのアカウントを売る人物も現れました。

 

ジュビリーエースアカウント譲渡

 

ジュビリーエースアカウント譲渡2

 

アカウントを売る意味は何でしょうか?

収益が出ているのであれば、アカウントを売らずに保有しておけばいい。

 

アカウント売却者が現れたことから「収益が出なくなってきたこと」と、「早く案件から身を引きたい」という事情が伺える。

 

このような人物が出始めた時点で、ジュビリーエースにはもう先が無いと自ら露呈しているようなものではないでしょうか。

 

元ジュビリーエース会員
アカウントを売る人は最近始めた人が多いみたいです。話を聞いてみると、クーリングオフ期間を過ぎてしまって、このまま紹介者無しで利益を得るのは難しいと思った人がアカウントごと販売しようとするみたいです。確かに飛んだ場合は全損になりますが、まだ運営は生きているのでそこはジュビリーエースを信じるしかないのかもしれません。

 

⑧入金を増やせと迫ってくる

2020年3月25日にサーバーメンテナンスを予定しているジュビリーエース。

そのお知らせの中で「追加入金しない人のアカウントを削除する」という内容が盛り込まれました。

 

ジュビリーエースのアカウント削除

 

2020年1月1日以前に登録したアカウントで「1,000ドル未満かつ活動していないアカウントを削除する」とのこと。

 

削除を防ぐには追加入金が必要。

しかし、わざわざアカウントを削除することは無いでしょう。

 

何か不正を働いている訳ではなく、しばらく触っていないだけ。

1000ドル未満の資産はジュビリーエースが総取りする?

 

運営が追加入金を迫っているようにしか見えません。

 

元ジュビリーエース会員
私もこの運営の対応は無いなと思っていました。放置アカウントを削除する理由が無いですよね、だって。サーバーが圧縮されて困るってもんでもないでしょうし。この対応は会員の間でも「ヤバイよね」と評判になっていました。

 

⑨アクアナイトは無謀な計画

ジュビリーエースは新しく「アクアナイト」という仮想通貨を新規発行する予定。

アクアナイトの特徴は以下の通りです。

・AQUAの手数料の支払いで使える(AQNが市場価値1ドルを割ったとしても、1ドルとして使用可能)
・今後ジュビリーエースが展開する新しいサービスで利用可能
・取引所に上場するので売却益を得られる
・手数料として支払われるAQNから10%分のトークンはバーンされる

 

アクアナイトはジュビリーエース利用者が得をする仮想通貨。

アクアナイトを取引所に上場させて、時価総額ランキングのトップ10入りを目指していると発表がありました。

 

しかし、その計画はかなり無理があるようで・・・

詳しくはこちらの記事を参照。

アクアナイトは稼げるのか調査してみた

 

元ジュビリーエース会員
アクアナイトに関しては正直何とも・・・
分かっていることがジュビリーエースをお得に使えるくらいなので、ターゲット層が狭すぎるような気がしていました。コインマーケットキャップ10位以内という話もちょっと現実味が薄いかと思います。ですが、このままジュビリーエースを続けたい人にとっては何が何でも欲しい仮想通貨になるんだろうなって印象です。

 

⑩インフルエンサーが注意喚起を行う

Twitterフォロワー数26万、Youtubeチャンネル登録者数22万人の「イケダハヤト」氏がジュビリーエースについて注意喚起を行いました。

ジュビリーエース-イケダハヤト

影響力を持っている方なので、イケダハヤト氏が注意喚起をすることで、今後のジュビリーエース参加者が減っていくことが予想されます。

 

■2020年6月17日追記

フォロワー数26万を抱えるマナブ氏にもジュビリーエースの誘いが届いた模様。

リプライ欄は否定派が多い様子でした。

 

元ジュビリーエース会員
こういうことは言う人は大体批判的なので、利益を上げられている会員はそれほどダメージは無かったみたいです。私もある程度はそういう裏事情を理解してやってるところがあったので、いまさら言われたところでそんなに響かなかったですね。やっぱりリスクを確認したうえで参加するのがベストだとは思うので、そういう意味では良かったのではないでしょうか。

 

⑪ロードマップがガバガバ

ジュビリーエースは2021年末までのロードマップを公開中。

その中で2021年第4Qで「ジュビリーエースの売却」が予定されています

ジュビリーエースのロードマップ

 

ネット上では「シンガポール政府に売却されるかも・・・」という話ですが、なぜ急にシンガポール政府が出てきたのか?

 

ジュビリーエースは日本をターゲットにしている投資です。

アクセス元を見ても、ほとんど日本からしかアクセスがありません。

ジュビリーエース-本社アクセス元

 

もし会社が売却されるなら、ジュビリーエースユーザーも抱えた状態で行われるでしょう。

買収する側は「負債も一緒に買い取る」形です。

 

なぜシンガポール政府が受け入れるのか?

「AQUAシステムの売却」であるなら、売却タイミングは開発した瞬間だったはず。

ジュビリーエース運営が何を狙っているか分かりませんが、話題集めのためだけに動いているようにも見えてしまいます。

 

元ジュビリーエース会員
これも紹介者たちの間で広まった話です。
シンガポール政府と提携することは無いと思いますけどね。政府がアービトラージシステムを使ってお金を稼ぐってことが変なことは多分みんな分かっているんじゃないですか?政府とか言うと箔が付くから、また過激な勧誘者が言っているにすぎないと思いますよ。

 

以上、11の事象からジュビリーエースは飛ぶ可能性が高い投資案件です。

先行者利益の期間はもうすでに終わっていると見てよいでしょう。

 

仮想通貨で稼ぐなら自分で資産を運用できた方が安全。

「ひと月で1600万円稼いだ」評判もあるアルトコイン投資の方が安全に爆益を狙うことができます。

 
↓クリックで開閉↓

ジュビリーエースに泉忠司が参戦!運営が飛ぶのも時間の問題
(2020年2月6日 更新)

「キングオブコイン」の異名を持つ泉忠司がジュビリーエースの紹介をし始めているようです。
ジュビリーエース_玉井暁_泉忠司
(引用:ジュビリーエースのアービトラージ勧誘セミナーが驚愕展開^^;より)
 

ジュビリーエースに泉忠司が参戦したことにより、ジュビリーエースが一気にきな臭くなりました。
 
なぜなら泉忠司は『仮想通貨バイブル』『パルテノンコース』という悪質な情報商材を売りつけた件で訴訟を起こされている人物
 
泉忠司訴訟
(引用:消費者寄稿日本より)
 
過去に泉忠司が紹介していた「ビットクラブ」に至っては、運営者が詐欺で逮捕されています。
ビットクラブ運営逮捕!被害総額は700億以上か
 
当然、泉忠司が紹介をし始めたジュビリーエースも詐欺の可能性が非常に高いです。
 
今、利益が出ていたとしても運営が飛べば出金することができなくなります
 
SNS上では未だにジュビリーエースの勧誘活動を行っている人もいるので注意しておきましょう。

ジュビリーエースが外国誌で詐欺だと認定されていた!
(2020年1月17日 更新)

月利20%をうたい文句に勧誘を続ける「ジュビリーエース」ですが、過去に外国の詐欺調査サイトでも詐欺認定を受けていることが発覚しました。
 
ジュビリーエース_外国でも詐欺認定
引用:behind MLM

 
記事を確認してみると、ジュビリーエースは「ポンジスキーム」と呼ばれる詐欺と判定されています。

ポンジスキームは、ユーザーから集めた投資金を運用して配当を出すのではなく、集めた資金をそのまま別のユーザーへ回す詐欺手法。
 
あたかも「投資金を運用して得た利益」として配当金を渡すので、ユーザーは「本当に儲けているんだ!」と誤解し、さらに資金を投資するようになります。

最後はユーザーからさんざん資金を集めたあと連絡が取れなくなり、全てのお金を持っていきます
 
 
ジュビリーエースは、このポンジスキーム認定を受けていたようです。
 
当然、今からジュビリーエースに参戦しても稼げる確率は低いでしょう。
 
それよりも、海外の急騰するアルトコインを狙った取引の方が稼げる確率は高い。
 
海外の急騰通貨情報を発信するサービスを使うと、稼ぐ確率を高めることもできるでしょう。

「海外情報に強い」クリプトマネージャーの評判

ジュビリーエースで元本を回収するには1年以上かかると話題に
(2019/12/24 更新)
 
現在、ジュビリーエースは「元本を回収するまで1年以上かかる」と話題になっています。

⇩実際の評判はコチラ⇩

月利20%が実現できているならすぐにでも達成できそうな気がしますが……

具体的にどういう計算で元本が回収できないと言っているのか、検証してみたいと思います。

元々、ジュビリーエースは最高月利20%を超えると紹介されていましたが、

実際の月利は「1.5~1.7の配当を数回受け取れているだけ」という人もいるようです。

では、元本回収までどれくらいかかるのかザックリですが、算出してみます。

ジュビリーエース元本回収

確かに計算してみると元本回収まで1年以上かかる計算となりました。
 

今回は配当率をだいぶ低めに設定して計算していますが、今から参入すると悲惨な状況になる可能性はあります。

 
もし今から参入する人がいるとしたら、ジュビリーエースは元本の出金不可なので、この点には気を付けておきましょう。
 

50万円を投資して配当が思う様に増えていかなかったとしても、途中で元本を抜くことは出来ません。

元本の出金が不可になるのはだいぶ怖いので、もし始めるなら十分検討してからやるようにしてください。
 
 
また、ジュビリーエースですが、アービトラージシステムが機能しなくなっている恐れがあります。
 
そもそも、ジュビリーエースの配当は「暗号通貨」「スポーツ」「コモディティ」などのアービトラージ収益から出されます。
 

アービトラージシステムを司る「Aqua」は、自動でアービトラージを行います。

しかし、今になってジュビリーエースの配当率が下がってきているのは、
 
「Aqua」で勝てなくなってきているのが原因?
 
もし、そうであるならジュビリーエースはかなり危険な状態だと言わざるを得ません。

 
なぜなら、利益を出せなくなってしまうから。
 

もし、配当率が下がっている原因が「Aqua」なら、ユーザーは何もすることが出来ません。

運営に配当率が下がっていることを伝えて、システムの抜本的改革を依頼するくらいでしょうか。
 
しかし、そんな簡単に勝てるようなシステムを構築できるわけもなく……

 
配当が下がっている中で「ジュビリーエースは12月中に終了する」と言っている人も出ています。

特に根拠は見当たりませんが、噂レベルでも気になりなりますね。。

ジュビリーエースのForbes掲載は広告なので注意!

ジュビリーエースが権威ある情報メディア「Forbes(INDIA)」に掲載されたと話題になっています。
 
権威あるメディアに紹介されたことにより、ジュビリーエースの信頼性も増した
 
そんな勧誘文句も出始めました。

しかし、よくよく調べてみるとジュビリーエースのForbes掲載はただの広告だったことが判明。
 
ジュビリーエースの広告掲載
 

誰でも広告費を出せば記事を載せることが出来るので、「Forbesがジュビリーエースを認めた」という話ではなさそうです。

ただ、現状そのように広報活動が行われているようです。

事実と異なることを言ってユーザーをその気にさせるのは、消費者契約法上良くありませんね。

 

ジュビリーエースの口コミ

  • 投稿者 匿名
    評価 1星評価

    2020年9月26日

    ジュビリーエースの出金が危なくなってる。まだまだ平気だという勧誘が多いのは何を根拠に言っているんだろう?

  • 投稿者 匿名
    評価 1星評価

    2020年9月24日

    ジュビリーエースの出金制限の話やべー
    プログラムにエラーとか言ってるけど、飛ぶ準備入ったんじゃないの?

  • 投稿者 匿名
    評価 2星評価

    2020年9月23日

    ジュビリーエースから離れていく人が増えてきてるようだね。ジュビリーよりジェンコらしいけど自分にはどっちも同じに思える。PGAも全部同じじゃん。

  • 投稿者 匿名
    評価 1星評価

    2020年9月21日

    JENCOにゆるりと移行しようとしてるね
    本元のジュビリーエースの方はアービトラージに参加しにくくなってるらしいし、ちょっと雲行きが怪しくなってきた感じ

  • 投稿者 匿名
    評価 1星評価

    2020年9月20日

    関わっている人がきな臭すぎるんだよ
    もうさ、自分たちが関わったら警戒されるってことくらい把握しといて欲しいよ

  • 投稿者 匿名
    評価 5星評価

    2020年9月16日

    実際、飛ぶ飛ぶ言ってて結局飛んでいない。
    これが全てですよ。

    変に批判してジュビリーエースに人を集めたくないのかもしれませんが、投資は個人で自由にやるもの。
    このサイトの情報は情報としてもらっておきますが、未だにジュビリーエースが飛んでないんだから何とでも言えますよね。

  • 投稿者 匿名
    評価 3星評価

    2020年9月16日

    当時のジュビリーエースは画期的システムでみんな虜になってた。
    今はジュビリーを真似たような案件も出回ってるけど、そういうのに参加するくらいならジュビリーエースの方が良いのかもな
    実際、ここまで持ちこたえてるならもう少し続きそうな気もするよ

  • 投稿者 匿名
    評価 2星評価

    2020年9月15日

    おそらくプランスゴールドとジュビリーエースがHYIPの最後の砦だと思う。
    この二つが飛んだら一気に仮想通貨バブルがはじける。そんなことまで思わされるよ
    頼むから普通の売買取引しようぜ・・・

  • 投稿者 匿名
    評価 3星評価

    2020年9月14日

    今はJENCOでガンガン大口の入金出来てるから、もう少し飛ばないと予想。
    年末くらいが一つの目安になりそう。

  • 投稿者 匿名
    評価 1星評価

    2020年9月12日

    アカウント削除は本当に「なんで?」だった。
    別に登録情報を残しておいても不都合なんてないだろうに。
    あんなことされると、入金もしてこない貧乏人は立ち去れって言われてるみたいで腹が立ちます

ジュビリーエースとは

ジュビリーエース(JubileeAce)とは、投資家から集めた仮想通貨をアービトラージで運用してくれる投資会社。

2018年 英国領ヴァージン諸島にて設立されました。

ジュビリーエースは「三角アービトラージ」という独自の投資手法を使って、仮想通貨取引所、コモディティ取引、スポーツメイカーなどにで投資金を運用しています。

日本人の利用者が多く、セミナーやSNS上で勧誘活動が広く行われています。

ジュビリーエースの特徴

ジュビリーエース_特徴

最大「月利20%」の高い年利

ジュビリーエースはアービトラージのシステムに参加することで、最大「月利20%」の報酬を得ることが出来ます。

銀行の定期預金の年利は約「0.15%」なので、月利「20%」は非常に高利率です。

 
ただ、ここまで高いと若干怪しいと思うこともあります。

実際「高い配当を出す!」と銘打って資金を投資金を集めたあと、運営と連絡が付かなくなって飛んでしまうことも多い。

その点ジュビリーエースは未だにセミナーもありますし、長く続いている案件の1つです。

独自システム「AQUA」

ジュビリーエースが配当を出せているのは「AQUA」という独自のアービトラージシステムのおかげです。

その「AQUA」で使われているのが「三角アービトラージ」の投資方法。

ジュビリーエース-三角アービトラージ
 

「三角アービトラージ」では、”同じ取引所内”で売買を繰り返して最終的に利益を手に入れます。

これまでのアービトラージと違う点は、同じ取引所内で売買が完結しているところ。

アービトラージの基本的な考え方は「取引所と取引所の間の価格差を狙って利益を出す」。

しかし、この方法だと送金・着金を行っている間に価格が変わることがあります。

 
「AQUA」で行う「三角アービトラージ」は同一取引所内で出来るため、
売買に遅延が発生しにくく安定した利益を得ることが出来ます。

紹介報酬が高い

ジュビリーエースはMLMの方式を取っていて、人にジュビリーエースを紹介したらした分だけ報酬を貰うことが出来ます。

ジュビリーエース--ボーナス

これ以外にも他に3つの紹介者ボーナスの仕組みが用意されています。

うまく勧誘することが出来れば、月に数百万単位で利益を得ることが出来ます。

ジュビリーエースの口コミ評判

ジュビリーエースの評判を調べてみると、多くの人が「詐欺」ということを言っています。


 

 

中にはジュビリーエースのアカウントを売ろうとする人も。


 

 

確かに本当に良い案件ならアカウントを売る必要は無いでしょう。

それなのにアカウントを売るという事は何を意味するのか・・・?

「ジュビリーエース」は慎重に見定めた方が良い案件のようです。

ジュビリーエースのセミナーについて

以前から開催されているセミナーですが、毎日のように行われているようです。

>>ジュビリーエースセミナー情報
 

2020年4月以降はオンラインセミナーをメインに開催しています。

ここからは、「セミナーがどんな感じなのか?」「どういう内容が話されるのか」という点について、見解を述べていきます。

■参加人数が多い

ジュビリーエースのセミナーに参加した人は、その数の多さにまずビックリするようです。中には500人くらい入って、さらに立ち見をしている人が出た会場も。
 
 当サイトの見解
参加者の写真がアップされていることから、セミナーは間違いなく開催されています。人数もこれだけのサクラを毎回集める費用を考えると、サクラではなさそうです。
 
 

創業者によるジュビリーエースの説明

ジュビリーエース創業者のボビー氏によるスピーチがあるみたいです。英語で説明するとのことですが、最初の挨拶だけは日本語でするらしく、そこに誠実さを覚える人がいました。
 
 当サイトの見解
創業者、日本でスピーチしすぎじゃないか?」という疑問が浮かびました。
ジュビリーエースは公式サイトを見てみると分かるとおり、日本以外にも展開されています。
 
ジュビリーエースの海外展開
 
しかし、セミナーが行われているのはほとんどが日本。しかも、その全てに創業者が参加しています。これを見ると「ターゲットにしているのは日本のみなのか…?」と思えます。創業者が英語しか喋れないのなら、もっと海外での講演の回数を増やせばいいのに…と感じるのは私だけでしょうか。
 
 

玉井暁の話に感動する声が多数

セミナーでは、玉井暁さんによる講演もあるようです。

過去、アムウェイやビットクラブという案件で莫大な財産を築き上げた人物です。人生で成功するためのスピーチが好評とのことでした。
 
 当サイトの見解
玉井氏が紹介した案件は危険かもしれません。というのも、玉井氏が積極的にオススメしていたビットクラブは運営者が12/11に詐欺罪で逮捕されています。
 
被害総額は驚愕の700億円以上!玉井氏がどこまで知っていたかは分かりませんが、多くの被害者を生む結果に。
 

アービトラージの実演を見せてくれる

取引所ごとの価格差を利用して利益を生み出すアービトラージですが、その実演があるようです。創業者が登壇するセミナーでは、毎回のように見せてくれるそうです。
 
 当サイトの見解
実際に取引しているのを見ると、安心できるかもしれません。その取引内容があらかじめ用意されたものでないことは確認したいですね。
 
 

報酬制度の説明あり

ジュビリーエースには、「仮想通貨」「コモディティ」「スポーツ」それぞれにアービトラージが存在しており、報酬プランが異なります。他にも、紹介者報酬も複数存在し難解なため、セミナーではそれに対する説明があるようです。
 
ジュビリーエース報酬制度
 当サイトの見解
紹介者報酬ありきのシステムなのでは?」と疑ってしまいました。極論、そんなに良いシステムがあるなら自分たちだけで運用すればいいのにという話です。
「多くの人からお金を集めることでより大きな資金を動かすことが出来る」と言われればその通りなのですが…
 
 
というわけで、ジュビリーエースのセミナーについて簡単にまとめてみました。もし参加される際には、あらかじめ聞いておきたい事をまとめておくと良いかもしれませんね。
 

ジュビリーエースの運営者情報

玉井暁(たまいあきら)
ジュビリーエースのセミナーには「玉井 暁」という人物が登壇することがありますが、
この方には、過去マルチ商法で巨額の富を儲けていた実績があります。
 
ジュビリーエースがマルチ商法かどうかは定かではありませんが、
セミナーやSNSで「強引な勧誘を受けた」という口コミもあります。
念のため、投資をしようか迷っている際には注意をしておいた方がよいでしょう。

玉井暁について詳しく知る

プランスゴールドアービトラージとの関係性

プランスゴールド-ロゴ

最近、ジュビリーエースと似た案件で「プランスゴールド」というものがあります。

こちらも高月利で、三角アービトラージで利益を出しています。

プランスゴールドは「ジュビリーエース」という投資案件の上位互換と言われることがあります。

この2つの違いについて確認してみましょう。

     プランスゴールド  JA
手法  三角アービトラージ 三角アービトラージ
年利     15~20%   3~20%
利益上限   3~6倍      3倍
最低投資額  1000ドル    1000ドル
資金ロック  無し      あり
報酬付与   7時間後毎   5~15日後
出金期間   3,10,22日後  15日平均
出金手数料  0~5%      10%
運用方法   自動      手動
投資対象   仮想通貨のみ 仮想通貨、スポーツベッティングなど

ジュビリーエースと比べると、プランスゴールドの方が良い条件が揃っていることが分かります。

投資手法は2つとも「三角アービトラージ」がメイン。

もし今から参入するなら、いつでも出金可能な「プランスゴールド」の方が良いでしょう。

ただ、どちらにしろ懸念点はあるので、あらかじめ注意点をよく確認してから投資を行うようにしてください。

プランスゴールドについてもっと知りたい方はコチラ

ジュビリーエースのまとめ

ジュビリーエースは、セミナーが各地で頻繁に開催されています。

しかし、これまで発覚した情報から考えてみると「ジュビリーエースは危険」かもしれません。

先行者利益を得られる期間はもう終わっているのでしょう。

誰かに誘われた際には、内容をしっかり吟味してから投資判断することをおすすめします。

口コミ投稿フォーム

よく比較されるページ