youbank

youbank(ユーバンク)の詳細情報

総合評価: 1星評価 1.37 

口コミ総数:61件

満足度 1星評価
将来性 1星評価
期待値 1星評価
【目次】

最新情報

(2019/12/1 更新)
youbankがマレーシアの「Monspace」と提携し、「MUNICS BANK」として生まれ変わりました。
 
当サイトが注目したのはこの二点。
 
2~3か月間はアプリアップデートの関係で出金は不可 
 その後、ロックされている資産は未公開株に変更される
配当をもらうためにはアカウントを有効しなければならない
 有効にするためには最低500ドルを支払う必要がある
 
 
この発表により、ユーザーは「アカウントを有効化するかどうか」「未公開株上場時に売るかどうか」という選択肢が与えられることになりました。
 
どう動けばいいのか考えてみましょう。
 

YOUBANKユーザーがアカウントを有効化するメリット・デメリット

 
アカウントを有効化するメリットは「ロック期間中にも配当がもらえるようになる」こと。
 
これから2~3か月間はまず間違いなくロックされることが決まっているため、その間の配当を受け取りたいかどうかです。
 
【参考】アカウント有効化にかかる経費と想定月利
・500ドル~4999ドル 月利5% 
・5000ドル〜9999ドル 月利7% 
・1万ドル以上〜 月利10%

 
実際、アカウントを有効化したらMUI(MUNICSBANKの新しいトークン)での配当がもらえている報告もあります。
 


 
 
逆にアカウントを有効化するデメリットは「追加料金がかかる」「まだ出金できるかどうかわからない」こと。
 
経費が気になる人は、無理にいまアカウントを有効化しなくても良いかもしれません。
また、出金できるかどうかもロック期間が解放されるまでは判断できません。
 
まずは出金できることを確認してから」という慎重派のユーザーは、運営からの続報を待ってみるのも手です。
 
 

YOUBANKの未公開株が上場した時に売るかどうかの判断

 
MUNICSBANKが言う未公開株は、株というよりトークンと思った方が良さそうです。株は他通貨との換金が行えますし、その株をロックして配当を受けることもできます。
 
一般的に未公開株が取引所に上場した際には、価格が高くなることが多いです。そのため、メリット利益が確定出来ること
利益を確定させてしまえば、もうウォレットに預けたままになる心配もなくなります。
 
 
反対に未公開株上場時には売らず、保有し続けるメリットはなんなのか。
 
配当をもらい続けられる」「さらに価格が高くなった時に売れる」の二点が考えられます。
 
先の説明の通り、MUNICSBANKの株はロックすることによって配当を貰い続けることが可能。
 
つまり、これまで通り高い月利での運用益を期待できます。また、保有し続けることで、取引所上場時よりさらに値が高くなった際に売り抜けることができます。
 
 
 
結論、「すぐ資金に還元したいか・配当をもらい続けたいかの二択」かと。
 
 
 
ただ、どちらのパターンでも留意しておきたいのが、「必ずしも2~3か月後に上場できるとは決まっていない」点。
 
上場を予定している香港の証券取引所は、上場まで平均して6か月~12か月かかるとされています。
 
youbank香港取引所上場までの道のり
(引用:https://www.hongkongipo.jp/visitor/ipo_process/index_1.html)
 

 
すでに「香港取引所に上場する」と宣言をしているので、計画は進んでいると思いますが、2~3か月後というのは「最短で特別に上場できた場合」ということは留意しておいた方が良さそうです。
 
 
もし可能であればyoubank以外にも投資しておいた方が、分散投資でリスクヘッジになります。

投資先を探すのが難しい場合は、急騰仮想通貨を予測するサービスを使いましょう。

サービスを利用した人の中には「ひと月で1600万円稼いだ」人もいます。

 

利用ユーザーからの評判が良いところを見ると、稼げる期待値は高いです。

「口コミ評価4.27点」クリプトマネージャーの評判

youbank(ユーバンク)の口コミ

  • 投稿者 匿名
    評価 0.5星評価

    2020年3月3日

    MunicsBankとYouBankの合併は投資家には無関係なので本来500ドルも手数料支払わないといけないという意味が分からない。元本を人質に脅されたようなものだ。YouBankのロック事体違法なものなので出金させて欲しい。

  • 投稿者 匿名
    評価 0.5星評価

    2020年2月26日

    出金延期が続いているMunicsBankは既に破綻しているのではないだろうか。YouBank時代の資産は株としてちゃんと受け取れるのかも不安だ。出金が2/18から2/20、2/25と何度も延期され、未だに出金出来ない状態に変わりがない。

  • 投稿者 匿名
    評価 2星評価

    2020年2月19日

    カンボジアCIF代表のユーリンショウ氏がMunicsBankがあまりにYoubankからの移行組を冷遇するのでWinsor Master(ウィンザーマスター)というウォレットを作ったそうだ。このままMunicsにいても出金も配当も無いので移行するよ。

  • 投稿者 匿名
    評価 1.5星評価

    2020年2月16日

    YouBankからMunicsに移行する時500ドルも手数料を払わされたうえに、Winsor Masterにも100ドル手数料払って移行する奴いるの?確かにMunicsはクソかもしれないけど、また100ドル払ってWinsor MasterがMunics以上のクソだったらどうする?

  • 投稿者 匿名
    評価 2.5星評価

    2020年2月4日

    YouBankの投資家がMunicsへ移行した時500ドルも手数料を取っておきながら出金させないクソMunicsBank。移行した投資家の元本は実は消えていて、500USDしかMunicsに入っていないような気がする。

  • 投稿者 匿名
    評価 1.5星評価

    2020年1月27日

    もうここまで来たらまずいんじゃないかなって思いますけど。VBTトークンの価値は下がり続ける一方ですけどね。投資しない方が良かったなって利用者の方は思っているんじゃないですか。

  • 投稿者 匿名
    評価 0.5星評価

    2020年1月24日

    こんな状態で投資してくださいって誰が見向きするんですかって感じですけどね。もう無理だろうなって思いました。VBTの価値はどんどん下がっていますよ。次に打つ手はあるんでしょうか。たいしたことないだろうなって思いますけど。

  • 投稿者 ユーキャン
    評価 2.5星評価

    2020年1月24日

    Munics新たな言い訳出た!、1/15~1/25 までの報酬を倍にするためのアップデートで出金出来ないという意味不明なもの。そんなの1/15までに終わらせろよwしかも、Youbank時代のロックされてた資金はロック解除されるが、出金したら株にならない。株は3月配布予定だと。。。3月まで出金させない気だなw

  • 投稿者 匿名
    評価 2星評価

    2020年1月20日

    株の世界では、損切のタイミングを間違えると損失を取り戻すのに凄い苦労をするので損切占千両なんて言うよね。ここは諦めが肝心なのでは?いまだにYouBankから出金できるようにならないか期待してるのはあきらめがわるすぎ。

  • 投稿者 匿名
    評価 2星評価

    2020年1月16日

    1月14日から16日まで、Mumicsは香港で新年の総会があるみたいだね。そう考えると15日から出金再開って中途半端だな、1日くらいの差だし、ふつう初日に間に合わせると思うけど、併せられないってことは間に合わせる事が出来ない?

youbank(ユーバンク)の記事

1.youbank(ユーバンク)の概要

youbank(ユーバンク)は、スマートフォン専用の仮想通貨ウォレットの一つです。仮想通貨を預けておくだけで、月に6%~20%の配当がもらえる機能も備わっています。また、Kinmallという取引所を買収し、独自の取引所を開設しています。

2.youbank(ユーバンク)の口コミ評判

youbankの配当金は、カンボジアでの都市開発、不動産、カジノなどの事業投資から得られて利益から配分を出しています。
そのためユーザーとしては、仮に取引所が無くなったとしても、他の事業の柱がある安心感からyoubankを使用しているのかもしれません。
また、アプリのアップデートや公式HPの更新など、積極的に改善を試みている点もユーザーに安心感を与えているように見えます。

しかし、評判の中には以下のような意見も見られました。
 

利率が良すぎるんだよ。自己アフィリが認められてるわけだけど、それで組んだ自分の今の日利が大体0.6%くらい。
100万円あずけてたら1年度には900万円近い利益が出るって事。
あり得る?これが1000万円なら9000万円よ?
どう考えても現実的では無いわな。
今の所トラブルになってないけどマジ引き際には十分気を付けた方が良いと思うわ。

 

ポンジスキームによくある高い配当比率を疑う声が上がっています。youbankは、先にも説明したように他事業の利益から配当分を出しているとされていますが、確かにすべてのユーザーに月利6~20%を加えるとしたら、それ相応の売り上げを上げる必要があります。
実績については公表されていないだけに、そこを不安視するユーザーもいるようです。

5.youbank(ユーバンク)のまとめ

youbankは新しくMUNICSBANKに生まれ変わりました。次の転換期は、ロックの解除と未公開株上場が待つ2020年2~3月頃でしょうか。また情報が更新され次第、追記していきます。
 

口コミ投稿フォーム

よく比較されるページ