アービタオの公式サイトにアクセスが出来ない

アービタオの詳細情報

総合評価: 1.5星評価 1.63 

口コミ総数:64件

満足度 1.5星評価
将来性 1.5星評価
期待値 1.5星評価
【目次】

アービタオの最新情報

アービタオ公式サイト閉鎖か?

2020年5月29日時点で、アービタオ公式サイトは「メンテナンスモード」に入っています。

アービタオメンテナンス画面

「このメンテンスモードがいつ頃始まったのか?」

その経緯を追うことは出来ませんでしたが、SNS上の反応を見るともっと以前からサイトにアクセスできない状態に陥っていたようです。

アービタオにアクセスが出来ない

アービタオはほぼ飛んだことで確定していますが、サイトにアクセスも出来ないとなると、本格的に撤退したということになりそうです。

アービタオに返金を求める声は多い

集団訴訟のプラットフォーム「マトマリ」では、今もアービタオ被害者たちの声が多く上がっています。

マトマリ-コメント

すでに募集は締め切られていますが、これだけ多くの被害者を生んでしまったアービタオ。

果たして集団訴訟で返金してもらえるのか?

引き続き、経緯を追っていきたいと思います。

配当型ウォレットは危険

これまでも多くの仮想通貨詐欺がありましたが、その中でも配当型ウォレットは注意が必要です。

独自のシステムで運営されるので、ユーザーは「実際の資金がどうなっているのか?」把握することが困難になってしまいます。
 
仮想通貨投資をするときは有名な取引所に上場している通貨にしましょう。

 

また、アービタオで失った資金を今すぐ取り返したいという人は「仮想通貨詐欺からの救済」を信条にしているサイトに相談するのもアリです。

利用ユーザーの8割が高評価をしている点から、解決の糸口になってくれるでしょう。

「資金を元に戻せた!」クリプトマネージャーの評判

 

↓クリックで開閉↓

【2019年11月22日】アービタオが飛んだ可能性について

現在、アービタオの公式サイトのサーバーがダウンしています。

アービタオ公式ホームページアクセス不可

アービタオは2019年6月下旬から出金が出来ない状態でした。今回のホームページダウンも公式から何もアナウンスがなかった。つまり、アービタオが飛んだ可能性があります

これまでの傾向から、運営が飛ぶ前にはいくつかの兆候があるので、確認してみましょう。
アービタオは飛んだのか?5つのチェックリストで確認!
仮想通貨投資案件で、運営が飛ぶ前にありがちな兆候は以下の5点です。
 
① ホームページ(アプリ)にアクセスできなくなる(危険度:A)
② 運営と連絡が取れなくなる(危険度:B)
③ ハッカーからハッキングを受けたと公式がアナウンスする(危険度:B)
④ 配当の金利が高くなる(危険度:C)
⑤ 出金するのに本人確認が必要になる(危険度:C)

 
 
では、アービタオの例で確認していきます。
 
① ホームページにアクセスできなくなる(危険度:A)
当てはまる。
アービタオは2019年11月22日より、公式ホームページにアクセスできなくなっていることが分かっています。特に、「前触れなく閉鎖している」ことがポイントで、これまで途中で「飛んだ」案件は、ほとんどユーザーに告知することなく閉鎖しています。
最新情報や開発進捗を報告するためのページを閉鎖するのは、「もうユーザーに連絡する必要がなくなった=もう運営する必要がなくなった」ことを意味しています。
 
② 運営と連絡が取れなくなる(危険度:B)
当てはまる。
アービタオは日本サポート用の公式テレグラムが開設されていましたが、2019年6月には削除されています。出金できなくなった時期とほぼ一致していることから「運営がサポート対応しない」ということが言えそうです。
 
③ ハッカーからハッキングを受けたと公式がアナウンスする(危険度:B)
当てはまる。
アービタオは、公式より「ハッキングを受けてシステム障害が発生した」とアナウンスをしています(2019年6月下旬)。この「システム障害によって出金処理が遅れている」としていますが、未だに出金はできない状況は続いています。
ほとんどの案件において、ハッキング被害による補償はありません。アービタオも同様で、仮にハッキングされて資産を失ったとしたら、それをアービタオが補填することはないのです。
 
④ 配当の金利が高くなる(危険度:C)
当てはまらない。
アービタオは元々、月利15~22.5%の高金利でした。この金利については途中で値上げすることはなかったので、アービタオには当てはまりません。
他の案件では、配当の金利を高くするからと言って更に投資を促し、そのお金をそのまま持ち逃げするパターンが散見されました。
 
⑤ 出金するのに条件が厳しくなる(危険度:C)
当てはまる。
具体的な条件は「出金最低金額が高くなる」「本人確認が必要になる」などですが、アービタオはハッキング被害以降、出金最低金額を1日0.3BTCに制限しています。
これは、出金の条件を厳しくすることによって資産を運営に預けたままにする狙いがあると見られ、飛ぶ前に起こりがちなもの。
 
 
以上、アービタオは飛ぶ案件の特徴のうち、4/5が当てはまっていました。つまり、アービタオが飛んだ可能性は“非常に高い”と考えられます。
 
もう長い間出金できなくなっている状況を考えると、アービタオはもう見限った方が良いのかもしれませんね…

アービタオの口コミ

  • 投稿者 匿名
    評価 1星評価

    2019年5月11日

    やはり販路が泉忠司ひとりではあまり売れなかったのかな?アルビタオやはり販路が泉忠司ひとりではあまり売れなかったのかな?アルビタオ

  • 投稿者 匿名
    評価 1星評価

    2019年5月11日

    泉忠司はアービタオ2期を売る時、1期の実績を例に挙げて凄く見せようとしたがそもそもポンジスキームだから実績が損ないしないので全部架空の数字をねつ造して発表したからHYIPとしても絶対ありえない利回りが良すぎる数字を出してしまった、

  • 投稿者 匿名
    評価 1.5星評価

    2019年5月10日

    2期は全然売れなかったんじゃないか?ここまで口コミで2期参加したという声を聴かないのは売り上げゼロもあり得る。

  • 投稿者 匿名
    評価 1星評価

    2019年5月8日

    アービタオをアルビタオと呼んでいたのは泉忠司の公式LINEだけで、泉忠司本人もアービタオ1期ではアルビタオとは言ってなかった。

  • 投稿者 匿名
    評価 1.5星評価

    2019年5月7日

    アルビタオ2期募集の時、泉忠司は盛んに1期(アービタオ)が凄い利益を出していると言っていたが、実際には全く成果が出ていなかったのですべてねつ造で実績を作った結果、計算を間違えてとんでもない実績を出している事になってしまった。

  • 投稿者 匿名
    評価 1.5星評価

    2019年5月6日

    泉忠司の仮想通貨BANKに投資した結果、資産は半額に減り返金もされない状態、アービタオもきっと同じ。

  • 投稿者 匿名
    評価 1.5星評価

    2019年5月6日

    アービタオがあの状態だからアルビタオに投資した奴いないんじゃないかな?売り上げは外から分からないし。

  • 投稿者 匿名
    評価 1星評価

    2019年5月5日

    アービタオの2期募集の時1期の実績を発表しようとしたが、実績も何もパクってしまって金は無く、発表できる実績もないので、証拠を見せないで済むように泉忠司がしゃべってるだけでテロップさえ出ない動画になったという。

  • 投稿者 匿名
    評価 1.5星評価

    2019年5月5日

    アルビタオ2期を泉忠司がローンチしてから1ヶ月くらいたつと思うけど、あれ配当出ているの?

  • 投稿者 匿名
    評価 1.5星評価

    2019年5月3日

    なんで泉忠司の言ってることを信じちゃうんだろう?一度損してみないとわからないのかな?

アービタオとは

「アービタオ」とは、仮想通貨自動売買ツールの一種で、その名の通りアービトラージ(裁定取引)を利用した自動売買ツールです。

取引所ごとに設定された仮想通貨の価格差を利用して利益を出す手法をアービトラージと呼びますが、アービタオ独自のトークンを保有することで保有枚数に応じてアービトラージによる利益の一部を報酬として受け取ることができます。

最高月利は22.5%ともいわれており、かなり高金利なサービスとして注目を集めています。

アービタオの口コミ評判

アービタオは泉忠司という人物が積極的に紹介をしていました。そのため、今回アービタオが出金停止になったことを受けて、泉忠司氏に不満を持っているユーザーが多く存在しています。

アービタオの泉忠司の口コミ1


 
 
また、テレグラムには泉忠司氏を訴えようとするテレグラムも誕生しているようです。

アービタオテレグラム

この惨状を考えると、アービタオに参加するのはやめておいた方が無難でしょう。

アービタオの運営者情報

アービタオの運営者情報は詳細に公開されていません。ただ、アービタオは泉忠司が大々的に宣伝をして人を集めていました。

アービタオ泉忠司

泉忠司氏はノアコインという案件で、嘘をついて人を集めようとしたために日本のメディアでも取り上げられていたような人物です。他にも、仮想通貨バンクという案件では多額の含み損を出していたりと、良い噂は聞きません。

今回のアービタオもどうなるか分かりませんが、警戒しておいたほうが良いでしょう。

泉忠司のこれまでの実績一覧

【追記 2019年11月22日】
予想通り、アービタオは飛ぶ寸前かもしれません。泉忠司氏が紹介する案件には引き続き要注意です。

アービタオのまとめ

アービタオはずいぶん前から出金が停止になっており、「飛んだのでは?」と噂されていましたが、その噂がいよいよ本当になってきたかもしれません。飛ぶ前の兆候にほとんど一致していることを考えると、もうアービタオに期待するのはやめた方が良いかもしれません。
 

口コミ投稿フォーム